FC2ブログ

カーフマン東扇島

先ほど、カーフマン→熱海一泊旅行から帰ってきました。
で、日曜日に初参加の競技、カーフマンの記事を少々。

まず、日曜日は天気には恵まれたものの強烈な寒さ。

110214.jpg

写真はこれ一枚だけですが、天気はいいのですがすごい寒い。
おまけに、競技開始頃には風も非常に強いという辛さ・・・。
上位に行くという意味での勝ちでは、100%ありえないのでおかげで緊張はなくてリラックスモードだったのですが、寒さだけはどうにもなりません。

11:15過ぎから第一ランのスタートですが、まずはここで一気に出遅れます。
いっせいに皆さん走っていきますが、とてもじゃないですが同じペースでいったら後で死にます。
なので、30代ではほぼビリの方に近い状態だったとおもいます。
さらに、40代過ぎの人たちにもどんどん追い抜かれますが、自分のペースでいかないと後でこまるので気にしません。

とはいっていも、寒いし・体も動かないで結構きつい。
2周目の最後のストレートのところでタイムをみると(記憶では)、25分台前後。
ゴールしたときには、26分30秒か27分ぐらいだったので、ペーストしてはほぼキロ5分ペース。
(第一ランは,5.4km)
どうりで辛いわけだ・・・、というよりみんなもっと先にいっているので・・・速すぎですよ・・・無理です、絶対に私の実力ではついていけません^^;

そのまま、結構ヘロヘロでトランジッションに入り、ちょうど隣の人がいたので軽く会話しながら、のんびりバイク準備(すでに、タイムなんて気にしてませんから^^;)。
ロードバイク用の靴では、当然走りにくいのでそのままゆっくりバイクコースにいって、乗車ライン過ぎてから、シューズがなかなかはまらず^^;、ゆっくりスタート。

ラン直後は、バイクはきついかなと思っていたのですが、走り始めたとたん「おっ、いけそうだ・・・」って事で加速を始めたら、ガーミンの距離をリセット忘れていて、一度記録を停止してリセットして再測定^^;
後は、バイクは28.8kmで完全フラットコースを6周。
はっきりいって、ランと違ってバイクセクションは超楽でした。
いつも走っているコースの方が、向かい風ははるかに強いしコースもアップダウン有り。

なので、今回のコースは数個のコーナー以外はほぼ直線なので、ひたすらペダリングあるのみ。

そして、ランではほぼ後ろでしたが、バイクに入ってからはガンガン抜けるので、一気に気合&スイッチが入ってハイペースモード。
ストレートでは、35km/h以上でてましたが、速い人たちはそれでも軽く抜かれるのですごいですね。
後ろから来ると、エアロホィールの音ですぐにわかります。
特にディスクタイプは、グオングオンと音がどんどん迫ってきますから、コース譲るのもすぐにタイミングがわかりますわ^^;

でも、5周目までは調子がよかったのですが、6周目のストレートでまずは左足がこむら返りに・・・。
「イテェ~」といいながら、しばらくは頑張っていたのですがきつくなり、一回脚を伸ばしたら回復・・。
と思ったら、今度は左側^^;
同様に、脚をぐっと伸ばして回復したはいいも、ペースをあげると再発するので最終LAPの復路はペースダウン(32km/h前後まで落ちてました)。

バイクの記録は、ガーミンで計測していたのでトータル29kmのAVG32.8km/h。
最高速度は、追い風区間で41.5km/hでてました。

バイクセクションは気持ちよかったですが、最後の2ndランはぼろぼろでしたね。

脚が動かないというよりも、体力が・・・。
おまけに、バイクでは気持ちよく走っていたので寒さも気にならなかったのですが、最後のランはとにかく寒い(;_;
さらに、脇腹まで痛くなって歩きたくなりましたが、それだけは嫌だったのでなんとか2周を抜かれまくりながら走って、ゴール。

正確なタイムはわかりませんが、腕時計では1時間53分でした。


今回参加して思ったのは、ランはとにかく練習不足なので辛かったです。
バイクは、さすがに走りこんでいたので大分楽でしたね。
ただし、風は強かったのとほぼストレートだったので、かなりバイクの性能差がでるレースだったと思います。
エアロバイク&DH、TTバイクには、圧倒的に有利なコンディションだったと思います。

大会そのものは、なんと言うかレギュレーションは色々かかれてましたが、実際にはユルユルな大会だったかな^^;
雰囲気&進行は、完全に草レースといったところでしたので。

でも、今回のデュアスロンでもかなりきつかったので、トライアスロンになったらもっとペース配分考えないと辛いですね。
オリンピックディスタンスだと、swim1.5km、bike40km、run10kmなので、いまのままでは体力持たないですし。

とりあえず、トレーニングあるのみです。

バイクの30kmは、普段ローラー台を1時間連続でできるようにしておけば、十分走りきれますね。
ローラー台の方が、今回の実走よりも辛いですから^^;
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント