FC2ブログ

日産カップの結果&swim

第25回 日産カップ神奈川トライアスロンですが、結果がわかりました。

私の順位が、162位(完走317人中)。

総合タイム 2時間47分27秒

SWIM  32分(236位)
BIKE  1時間22分49秒(101位)
スプリット 1時間54分49秒(147位)
RUN   52分38秒(191位)

まあ、結果としては妥当というか中ぐらいの順位で納得というところです。

ということで、初トライアスロンで色々いい経験ができました。
とりあえず、今回はSWIMについて記事を書こうと思います。


まず、会場で準備を整えてからミーティングまで若干時間があったため、ウェットスーツを着ようか悩んでましたが、あまり着ている人もいないのと暑いので着ずに待機。
事前に準備しておいたほうがよいといわれていた、ワセリンを各所に塗布。
後準備しておけばよかったと思ったのは、サンダル。
これは、事前に情報でゲットしておいたのですが、買うのも忘れていたのと、会場を移動するときにランシューズはできるかぎりトランジッションエリアにおいておきたいので、はだしで移動すると足が痛いので、次回は必要ですね。

ミーティングが終了して、入水チェックの20分ぐらい前に、スイムエリアに移動。
今回の大会は、フローティングスタートで一回入水したら、スタートまで陸に戻れませんといわれました。
なので、大半の人たちは陸上で待機。
この時点で、大分緊張してきて一安心と思ってたのですが、スタートよりも結構前の時間帯に一般の方は海で待機していてくださいといわれて移動。

しかし、海に入る前のブイ(??)の上がよく揺れるので、緊張は最高潮???
少しずつ海に入り、最後は勇気をもって飛び込みました。

子供の頃は海は泳いだことあるかもしれませんが、すでに記憶はないのでこれが初の海でのスイム。

正直、海に入った瞬間、「これ、海で泳ぐにはまだまだ練習が足りなかったかも・・・マジにやばい・・・」と思いました。
おまけに、水が冷たいこと・・・。(20度ちょいだったみたいですが)

確かに、ウェットスーツを着れば海で体は浮きます。
が、立ち泳ぎの状態で、ある程度腕を動かしてないと、波の動きと一緒に体も動いて顔ぐらいは海につかってしまいます。

それでも、泳げば浮くから大丈夫と心に言い聞かせて、軽く泳ぎますが緊張により息継ぎするのが非常に辛い。
おまけに、時々不味い海水を飲み込んでしまい、精神状態はどんどんよろしくない状況に。
(海水を飲んでしまうと、精神的にかなり攻撃受けます・・・)
海上で浮いているだけで、もう必死でしたから。

なので、すぐにコースロープorブイに逃げてつかまって待機。

海にはいって、足がつかないという恐怖感はまったくありませんでした。
ただ、波が多分弱い日だと思いますが、この状態でもスイムが苦手な私には非常につらい状態。
海も汚いし、ごみも沢山流れてきます。
(大体、一年前は25mも泳げなかったですし)

近くに、同じようにブイに非難していた人と会話しながら、スタートまで待機。
「浮いて待機するだけで体力消耗しますね」
なんて話をしつつ、カウントが始まり選手権の後に一般のスタート開始。
直後に、腕時計のストップウォッチをスタート。

若干、ほかの人から離れていたのもあるのでスタート直後は混乱はなかったのですが、すぐに皆さん方と合流して格闘が開始。
私のほうは、周りの人とぶつかるとかそういったことよりも、とにかく泳ぐのに必死。

L字のコース(一周750m)の、最初の左に曲がる前にいくまでに、すでにトライアスロン出場を後悔。
「まだまだ、私には海を泳ぐのは無理・・・、館山も応募しちゃったしどうしよう・・・、せめてスプリントにすればよかった・・・」などと、後ろ向きの考えばかりは沢山思い浮かびます^^;
でも、このときは本当に息継ぎが苦しく、泳ぐだけでも必死だったので余裕は0。

前もよく見えないし、少し泳いだら立ち泳ぎをして呼吸を整えながら、とにかく先に進む事を考えつつも、正直リタイアも考えました。
「絶対にリタイアするのは嫌・・・、でもこんな状態で泳いでいくのは無理だよ・・・・」
どんどん、こんな発想ばかり^^;

それでも、泳ぎ続ければ何とかなると信じて、なんとか一周目の半分のターンポイントまで到着。
ただ、このあたりからかなり落ち着いてきて、Uターン後からはいつものようにプールで泳ぐ感覚が戻ってきました。
となると、息継ぎも苦しくなく余裕がでてきて、
「よし、これなら行ける!」
ってことで、やっとトライアスロンをスタートした気分でした。
でも、これは事前にこういったこともあるけど、そのうち落ち着きますって情報は知っていたので、それを信じて泳いでいたのもありますが。

安定したといっても、プールの時のように水面は穏やかというわけじゃないので、フォームはかなりひどいです。
息継ぎも思いっきり頭をあげて、海水を飲み込まないようにしてました。

速い人たちは、大分先に行ってしまったようで、私はかなり後方かなとおもってましたが、思ったよりも同じペースで泳ぐ人が多かったです。
たまに、コースから離れてしまいそうになりますが、ライフセーバの人たちやブイを目安に方向を修正しながら、まずは1周完了。

最初のときの、プチパニック状態からは脱してリラックス状態になってるので、もうあと一周泳ぐのはどうって事はありません、というより楽勝です。
とりあえず、これだけ泳ぐのが遅いなら無理せずにゆっくり泳いで、次のバイクとランに向けて体力を温存することに専念し、楽しみながらスイムしてました。
しかし、次の組が追いついてきて、ここからが話しにきいていたトライアスロンのスイムは格闘技・・・というのを実感。

海も汚いし、隣で泳いでる人ぐらいしか視界になかなか入らないので、接触は避けられません。

殴る、蹴るとまでは言わなくても、後方から来た集団に飲み込まれてかなり揉みくちゃ状態で泳ぐ羽目になりました^^;
ターンポイントは渋滞で、平泳ぎしている人たちもいるので、渋滞もできるし泳ぎにくいの何の。

安定して泳げるようになってからは、あまり距離も感じることなくどんどんゴールは迫ってくる感覚。
ですが、フォームは完全に腕だけで泳いでいる感じで無駄な体力を使っているなと思ってましたが、キックは普段の練習もあまりしてなかったので、かなり足を使ってしまうので使わずに泳いでました。

そして、やっと最後の大きいブイをターンしゴールが見えてきて、一番心配だったスイムも陸に上がることができて、一安心。

陸に上がると、まずはかなり立ちくらみというかめまいというか、フラフラします。
まずは、直ぐに給水所で水を飲んで、トランジションまで走りますが、かなりフラフラした状態。
ただし、これも事前にスイム後はしばらくそういった状態が続くことがあるけど、直ぐに落ち着きますと情報をゲットしていたので、気にせずウェットスーツの上半身だけ脱ぎながら走ります。
で、自分の場所に到着して、すぐにスーツは脱いでバイクの準備。

あまりはやいというわけでもなかったですが、ウェットスーツもスムースに脱ぐことができて一安心。
ですが、少し立ちくらみがひどくて座りながらシューズを履いてバイクの準備でした。

これ以降は、もう何も心配はなかったので体力の続く限り全力で進むのみです。

この時点で、タイムはみてなかったので、スイムは予定より大幅遅れで絶望的だな・・と思っていたのですが・・・。
タイムは、リザルトをみて32分(予想は40分超えでしたので)。
かなりスローペースでいったのに、このタイムはびっくりです。(特に前半は、立ち泳ぎが多かったですから)
絶対に、1500mの距離なかったんじゃないの???とか、潮の流れがたまたまよかっただけじゃないの?って思いますが、次回の館トラに向けては少し自信につながりました。



と、とりあえずスイムでしたが何とか泳ぐことができました。
まず重要なのは、
「とにかく、落ち着くこと」
この一言に尽きます。

といっても、初の海でいきなりトライアスロンとかだとかなり心配だと思います。
なので、できれば一回でもいいので、どこかの海でウェットスーツを着て一回泳ぐことをお勧めします。
これをしているかどうかで、本番で大きく変わってくると思います。
(実は、事前にいわれていたのですが・・・私は大丈夫だろうとおもっていきませんでした^^;)

ウェットスーツを着れば、上半身は確実に浮きますが下半身は、それなりに沈んでしまいます。
プールよりは確実に浮きますが、絶対に大丈夫という言葉だけを信じて海にはいると、少し裏切られた・・・って思うかもしれません^^;
ショートをチャレンジするなら、せめて1500mぐらいは楽に泳げるようになってから出場したほうが、安心かもしれません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

レースお疲れ様でした。
&完走おめでとうございます。

やっぱりスイムが一番の難関なんですね。

トライアスロンって、傍目に見てると体力勝負イメージですけど、実際は技術や経験が重要と聞きますんで、これからどんどん期待できますね!

初レース

どうもありがとうございます。

とりあえず、第一目標は達成できたのと、やっと数日たって実感が沸いてきました。

スイムが関門かどうかは、得意・不得意がかなりあるかなと思います。
リザルトみてると、それぞれ得意分野等がみえてくるので面白いですね。

トライアスロンも、スプリントやショートだとスピード勝負だといってましたが、ミドルやロングだと、ペース配分やら色々考えて走らないと完走は難しいらしいので、どんどん参加して経験つみたいですね。