FC2ブログ

富士スピードウェイ8時間耐久

富士スピードウェイ、ソロ8時間耐久250kmに行ってきました。
ロードレース単体は初めてですが、ロングのトライアスロンのトレーニング目的での参加と、現在の実力をはかるためです。

朝は、4時30分ぐらいに自宅を出発。
富士スピードウェイには、6時30分ぐらいに到着しました。

すでに、沢山の参加者がきており、準備してピットスペースを確保して9時過ぎのスタートを待つのみ。

今回は、FOCUS CAYO&ZIP404&808の組み合わせです。
別に、ZIPPでなくてもいいのですが、こういったクローズドコースでないとなかなか使う機会がないですしね。
TTバイクでの参加もよかったのですが、まだCAYOに乗ってなかったので久方ぶりのロードでの参加です。

スタートは9時15分。
メインストレートには、沢山のBIKEが並び時間とともにスタート。

いきなり皆さん速いのなんの。
こんなペースでいったら、200キロ目標なのでもたないということでマイペース。

富士スピードウェイを自転車で走るのは初めてですが、思った以上にのぼりがきついです。
100R(今でも100Rかな?)は、さほどでもないのですが最後の登り区間が、gaminでみたところ勾配が6.6%。
ここが、時間の経過とともにどんどん辛くなってきます。

最初は、アウターギアでもいけたのですが、途中から辛くなりインナーで。

ちなみに、トップ集団には3周目ですでに抜かれました^^;
はっきりいって、あれはバケモノの集団です。
人間じゃありません^^;

250kmを完走するには、31km/h弱のペースで走り続けないといけないのですが、最初の60kmまでは31km/h弱ペース。
しかし、思った以上に飛ばしていたのか、80kmすぎぐらいから徐々に失速。

100kmぐらいから、腕と特に腰の痛みが気になってきました。

なお、ピットインは最初の1時間30分ぐらいに一度ドリンク補給ではいりました。
前半は、なぜか知りませんが腹減りが早く、最初の3時間だけでウィダーゼリーを2パック。

で、最初の頃はドラフティングもせずに単体で走っていたのですが、これでは体力がもたなそうと思い、途中から速い人の後ろについて走行。
びっくりするぐらい、効果てきめんですね。
前の人が頑張ってペダル回しているのに、こちらは後ろをただついているだけで追いついてしまいます。
ロードレースが、チーム戦だというのがよくわかりました。

で、少しずつ距離を重ねていきますが、140km過ぎぐらいから本格的に腰が痛くなって走行がきつくなってきたので、一度ピットインしてストレッチ。
少ししてから、再度出発しますが160km過ぎに、また腰の痛みでピットイン。

久しぶりにロードを乗ったので、腕と腰の痛みがかなり厳しいです。
TTだと、これが腕と首と尿道の負担が辛く、腰はさほど問題にならないんですけどね。

もう走るのをやめようかな・・・と何度も思いつつ、すでに200km達成は無理になってきたので、180km完走目的に切り替え。
7時間過ぎたあたりからは、後1時間なので何とか頑張って最後まで走る事に決めました。
はっきりいって、これはショートのトライアスロンとは比較にならないぐらい辛い・・・(--;

時間は、意外に早く経過していきますが、同じところを淡々と走るのと登り区間でどんどん腰にダメージがきます(足は意外といけるのですが・・・)。


それでも、とうとう8時間の時間が経過し、ゴールイン。
拍手で迎えられて、正直トライアスロンの完走よりも遥かにうれしかったです^^;


結果は、8時間で走行できた距離は190km AVG23.7km/h
ただ、実際に走った時間は7時間49分 AVG24.3km/h
でした。

ロングのトライアスロンは、前にswim3.8km、後にフルマラソンがあるんですよねぇ・・・。
今日も、後10kmぐらいならランはできそうでしたが、フルは無理。


ともあれ、想像したよりも遥かにハードなイベントでした。
190kmで、gamin上では1778m標高を稼いでいます。
メインストレートにあがってきたときに、坂をみてみましたが、思った以上に登ってきますね。

また、次回あったら参加・・・といえる気分ではありませんが^^、こういったクローズドコースでロングで走れる機会は少ないので、またチャレンジですかね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント