FC2ブログ

川崎トライアスロンbike&run

バイクスタートですが、乗車位置まできたはいいのですが、いきなりクリートがはまらず微妙にタイムロス^^;

とまぁ、とりあえずスタートしたら全力で突き進むのみ。
コースそのものは、年最初のデュアスロンで走っているのでわかっているので心配はなし。

往路は追い風なので、一部区間は40km/hオーバー。
復路は、33km/h前後。

ですが、1周目は思ったよりも体が動かずペースはいまいち。
2周目は、さらにペースが落ちてしまいましたが、3周目から脚が動き始めて徐々にペースアップ。
6周目までは順調だったのですが、7周目にはいると疲れが・・・。
最後のLAPは、完全にパワーダウン。
30km/h以下までは落ちませんでしたが、戻ってくる時は必死。

このコース、デュアスロンの時は途中でふくらはぎがつってしまい、後半ペースがあがらずといった嫌な記憶があるのですが、今回は大丈夫。
ただ、ほぼずっとDHポジションなので最後の方で、腰に若干違和感(痛みまではでてきませんでした)。

カーフマンの時は、6周でAVGが32.8km/h
今回は、8周で34km/h。

8ヶ月で、結構成長できたかな??


バイク終了し、トランジションエリアまで走りますが、大分足を使ってしまいました。
ヘロヘロながら、何とかバイクを置いてランの準備。
しかし、シューズがなかなか脱げなくて無駄なタイムロス^^;

前回の村上の時は、無理やりランシューズを履こうとして、ふくらはぎがつってしまい痛い目をみていたので、今回は靴紐をゆるめにしておいて簡単に履けるようにしておきました。

そして、バイクの時は水分補給をしなかったので、ここで水分補給をして、ランのスタート。

足使い切ったかなと思ったのですが、思った以上にランで足が動きます。
なので、残りの10kmはこのペースでできる限りいこうと、気合一発。

いつもは、ランスタート直後からどんどん抜かれてしまうのですが、そこそこランでも抜くことができました。
ただ、やはり速い人たちに抜かれて追いつこうと頑張るのですが・・・、無理ですねぇ・・・。

1周目は、難なく終了。
2周目にはいると、さすがに疲れがでてきて少しペースダウン(はっきりとわかりました)。
後半になってきてから、「何でこんなことしてるんだろう・・・」と、時々トライアスロンをやってるときにふと思ってしまう疑問が^^;
でも、こういったときこそ頑張らないと、心に決めて走ります。
3周目に入ってから腕時計をみると、まださほど時間が経過してません。

もしかしたら、30分台に入れるかも???
なんて思うと、自然とペースがあがります。
きついですが、腕を大きく振りながらできるかぎりペースアップ。
4周目に突入してから、最後の人踏ん張りでさらにペースアップします。

最後の方は、あと少しでランが50分以内・・・そして念願の30分台のタイムが・・・。

そして、名前を呼ばれてゴール。
やっと、2時間36分台のタイムを達成。
疲労で、直ぐに座り込んでしまいしばらく動けませんでした^^;

一番、ハードに感じた大会でしたが、だからこそ満足感も違いますね。
正直、珠洲のときよりも辛く感じました。(珠洲は、半分楽しみながら走ってましたし)

これで、やっと今シーズンのトライアスロンは終了。

来シーズンは、宮古島は応募したので抽選にあたれば、いきなりロングからスタート。
まあ、外れてもミドル中心に、色々大会に出てみようと思います。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント