FC2ブログ

種子島マラソン当日

マラソン当日は、5時半頃に起床。

6時半に食事を取り、しばらくゆっくりしつつもおなかの調子が少々悪い。
バスが出る直前まで、何度もトイレに。
緊張ではないけど、このところ便秘気味だったかな???

はともかく、ホテルの送迎バスでマラソンバスのところまで送ってもらい、そこからスタート地点までバスで移動。
朝は雨が降っていたのだけど、フルのスタート地点はとりあえず小雨があったりもしましたが、特に問題なし。

ちなみに、スタートの緑の回廊公園でもおなかの調子が悪く、スタート近くまで何度もトイレ・・・(--;
モチベーションも、昨日コースの下見をしてから下がりまくり・・・。
ベスト更新どころか、本当に4時間切れるのかすら不安でした。

しばらく、公園内でおたまじゃくしやあめんぼうを見ながら、まったりとした時間をすごし、20分前ぐらいからスタート地点の最前列に並びマラソン開始を待ちます。
種子島ロケットマラソンは、スタート時の鉄砲も有名らしいですが、実際にはスタート地点から結構前なのであまりよく見えません。(準備しているのだけは見えましたが)。

そして、ロケットマラソンがスタート。

120321-1.jpg

なお、タイムはこの通り。

スタート後、みなさん一斉に飛び出していきます。
とりあえず、私はイメージ的には5分20秒弱をイメージしながら走るのですが、「おいおい、そんなにみんな飛ばすの???」ってぐらい、どんどん先に行かれます。

今回は、前半の13kmまでを5分17秒ペース。
23kmまでで、4秒ロスして5分21秒を維持。
24kmから34kmまでで、また5分18秒に戻して、一番厳しい登りで4秒ロスして、最終的には5分22AVG秒前後でゴールできればいいなというのが下見後の作戦でした。

で、肝心のマラソンですが、とりあえす数キロ走るも、いきなりアップダウンが続くのでペースの感覚がうまくつかめません。
タイムもバラバラで、安定しません。

おまけに、蒸し暑くていきなりきつい。
この暑さで最後まで走るのか・・・と思いながら、とりあえず最初のエイドこないかな・・・とおもっても、まったくありません。
結局、8km過ぎぐらいで最初の補給。

常時タイムも見ながらはしってるのですが、目標の17秒ペースには届かず、19~20秒を行き来。
平坦な道でも、ペースがまったくあがりません。

この時点で、前に走っているランナーは数人。
さすが、フルの参加人数が少ないだけあって、時には前に一人ぐらいしか走ってない時もありました^^;

ともあれ、そんなことしているうちにあっという間に13km過ぎて、10km程度のアップダウン区間が登場。

当然、ペースも上がるわけがなく40秒台までタイムが落ち込みます。
ただ、気温に関しては雨が途中から降ってきていたので、暑さはなくなって逆に少し寒いぐらい。

アップダウン区間は、下りで稼ぐように走ってはいたのですが、ゆるやかな長い登りが続き、一気に下ってまた登るの繰り返しなので、やはりタイムはあがりません。


雨も本降りになってきて、ペースもあがらず体力はかなり消耗しているのがわかります。
タイムも、18キロ時点で(多分)4秒ロスどころか9秒ロスで、5分26秒AVGです。
この時点で、ベスト更新は不可だとわかったので、サブ4狙いに変更。

18キロ地点からは、のぼりはあるもののきつい部分はないのでペースをあげたいけど、やっぱりあがりません。
やっとハーフ地点もすぎて、23kmさえ越えれば34kmまでなんとかなるとおもい、耐えながら走ります。

24km過ぎからは、とにかく自分に負けるなと心に言い聞かせながら必死だった記憶があります。
応援にも応えたい所ですが、少し手を上げるだけで精一杯(まじに、手振る余裕なかったですわ^^;)
この頃に、予定ではハーフ地点で摂取する予定だったアミノバイタルを思い出して、エネルギー注入。
でも、結構体が冷えていて指がかじかんで、袋がなかなか切れませんでした^^;

そして、辛かったのですがペースは5分20秒切るペースもでてきて、最後でつぶれるんじゃないかと心配しつつも、このまま行くことに決定。
で、このあたりからやっと他の人も徐々に抜けるようになってきました。

一番厳しいと思われる34キロ地点に到着。
厳しい登りが始まるのですが、さすがにここらあたりから歩く人が一気に増えてました。

私は、最初の登りは問題なかったのですが、一度下ってまた次の登りがきつく必死。
歩くまでにはいたらなかったですが、ペースは6分26秒ペースです。

1km程度なのですが、かなり長く感じました。
が、それでも下りはやってきて、またペースアップ。

ですが、しばらくして両足が攣りました・・・。
いてぇ~と思いながらも、しばらく走れば治るのはわかっていたので、我慢して走って復活。

他のランナーも、かなり歩いている人がみられて、気持ちはわかります・・と思いながら、心のなかでもう少しでゴールだからがんばれ~と他人にも自分にもいいきかせて、後○キロ走ればゴールと思ってペース維持。

そして、ゴール前は登りになっているのですが、ここだけは気合いれてペースをできるかぎり落とさず、腕時計をみたら後少し頑張れば50分きれそうだったので、猛ダッシュ。
おかげで、なんとか3時間49分台でゴール。

さすがに、少しの間歩くこともできなく、完走証発行の場所でしばらくダウン。

ゴール後は、おにぎりやうどんサービスがあったのですが、インギー汁だけもらって後は胃が受け付けそうになかったので、飲み物だけもらいました。
胃腸は、前回レースからレース終了後に胃腸薬を飲むようにしてるのですが、おかげで胃が苦しくなって悶えるような事はないです。

後は、バスに乗って西之表まで戻ってホテルに戻り、ゴロゴロしてました。
疲労も凄く、脚がとにかく痛い・・・(--;


今回コースはきつかったですが、唯一救いだと思ったのは終始追い風。
過去の種子島マラソンをみると、一方通行なので終始向かい風のパターンが多かったみたいですが、こればっかりは助かりました。

コースが一方通行なので、ゴール後に1時間以上かけてバスで移動が辛かったかな。
マイカーだと、勝手にゆっくりできるので気にならないのですが、バスはそうもいきませぬ。

でも、なによりも完走できてよかったです。
タイムも、十分満足できる結果です。

最後まで、殆どペース落とすことがなかったのがよかったですね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント