FC2ブログ

珠洲ウルトラマラソンの結果

第一回 能登珠洲ウルトラマラソンから、無事帰宅しました。

先日の書き込み通り、今回も完走ならず。
70kmにて、収容車に乗ってリタイアとなりました。

ということで、まずはこの大会の感想ですが、非常によかったと思います。
もともと、トライアスロンで去年から珠洲に参加してますが、ロケーションも良いですし珠洲の町自体が好きなのもあります。
コースは、アップダウンが大半で結構厳しいですが、その分充実感はでるんじゃないでしょうか。

で、当日ですが朝は3時過ぎに起床。
ウェアをどうしようか悩んだのですが、天気予報では昼は20度前後。
朝方も17度前後だというので、薄着で行くことに決定。

スタート前は少々寒かったですが、時間までは建物内にいたので問題なし。

レースは、5時スタートですが外は真っ暗。
10分前ぐらいに整列しましたが、大き目のモニターが用意されていて珠洲ウルトラマラソンのプロモーションムービーが・・・。
金かけてますね~。

そして、レースもスタート。


体育館を出発し、見附島に向かいます。
走り始めれば、すぐに体もあたたまりウェアの洗濯は正解。

最初の21kmは、ほぼ平坦。
ですが、見附島に向かう間に、アップダウンが2回ありますが、まだ体力もあるので気になることはありません。

しばらくはコースも混雑して、キロ7分ちょっとでしたが、すぐに6分30程度に。
当初は、20キロまではキロ6分予定してましたが、この先長いし・・・このままでいいやってことで、ゆっくり目で淡々と走ります。

見附島のエイドまでは8kmですが、この頃までには明るくなってライトも不要に。
エイドに、ランチパックがおいてあったので、そのうちエネルギー源にしようとおもい、ポケットに一袋入れてそのまま折り返していきます。

17kmエイドでは、カロリーメイトがあったので、一袋200kcalを摂取。
パサパサしてますが、水分と一緒に摂取すれば、すぐに溶けて楽に摂取できるので、いい補給食です。

次は、21kmエイドで100kmコースと50kmコースに分岐。
エイドでは、確かソイジョイがあったとおもったので、ひとつ食べてから出発(だとおもいました・・、忘れた^^;)

さて、ここから少し走ると30kmまではアップダウンが続きます。
最大200m弱の高さまであがりますが、とりあえずペースは安定。
ここまで、6分33秒AVG程度で順調でしたが、予定ではこの区間でかなりペースダウンするので、ちょうど良い貯金かなと思ってました。
が、登り区間になってもタイムの落ち込みはありません。

きつい部分では、6分40~50秒程度まで落ち込むときはありましたが、くだりですぐに取り戻せるのでAVGはほぼ問題なし。
かなり厳しいかなと思ってたのですが、あっという間に30kmに到達し、一気に下り区間に。

長いくだりの後は、36kmエイドで水分補給。
確か、オレンジが用意されてましたが、さほど好きでもないのでスルー^^;

ここから徐々にペースダウン。
登りではキロ7分程度まで落ち込み。
ただ、歩いてしまうほど疲れは感じないので、ちょこちょこと坂を上っていきます。

でも、ここの部分はまた折り返しで戻ってこないといけないので、この坂を登るのか・・・とか考えながらも、とにかく先に進みます。
しかし、くだりが終わったあたりから、疲労感が・・・。
おまけに、空腹まで・・・。

42kmのエイドでは、カレーが振舞われていました。
ラン中にカレーなんて食べたら、リバースするだろと思っていたのですが、空腹には勝てず一杯だけいただきました^^;
ついでに、持参していたソイジョイも1本。

食べた後は、気持ちは重いですが45kmの折り返し地点まで向かいます。
ペースは、キロ7分程度。
淡々と走りながら、千枚田の折り返しの登りが見えてきました。
ここの登りはきつかった・・・。
かなりペースダウンしながらも、絶対に歩かないと決めてあがっていきます。
右手には千枚田がみえますが、「ああ、そうですか・・・」って感じで、せっかくの観光ポイントもまったく見るゆとりありません^^;

何とか折り返し地点に到着。
時間は、5時間7分。
AVGも、キロ6分34秒前後(だと思いました)。
関門も、1時間弱残して到着しているので、大分貯金ができました。

すぐに出発し、先ほどのカレーが用意されていたエイドに到着。
さすがに少し疲れたので、少しだけ休憩(といっても1分程度)。
もう一杯カレーを食べていこうかとも思っていたのですが、準備ができてなかったみたいなので、水分だけ補給して出発。

で、先ほど通過した峠をトボトボ登っていきます。
さすがに歩いている人も多くなりましたが、キロ8分弱のペースでゆっくりと登っていきます。
ペースは遅くとも、歩くこともなく舟木谷峠エイドになんとか到着。
水分補給、そして軽めのストレッチをして、すぐに出発。

ここからは、平地でもペースがキロ8分切ることができなくなりました。
ただ、歩くことはなかっただけが救い。
このペースでも、歩くことなく進めば、13時間ぐらいでゴールはできそうなので、気合いれて走ります。

海岸線にでてからは、単調なコース。(少々苦手・・・)
ペースは遅くても安定。
すぐに、曽々木エイドに到着。
パスタが振舞われていたので、一瞬食べようか悩んだのだけど、腹減ると先に進めないので、水分と一緒に押し込みました^^;
なお、第二関門があるのですが、ここでも1時間20分程度の貯金。
これは、確実に完走できそうだ・・・と実感。

つらくなったのは、ここから先。
さらにペースダウン。
キロ9キロまで落ち込み。
歩くことはないのですが、どうしてもペース上がらず。

とにかく次のエイド、塩田村まで走ろう・・・、がペースの落ち込みのおかげで、じぇんじぇんエイドに到着しません。
それでも、遠めにエイドが見えて・・・やっと到着。
ここで63km地点。
貯金もあるので、少しだけ休憩。
水分補給、栄養補給を少ししてから出発します。

が、超足が重い・・・。
走っているのか歩いてるのががわかりません・・・。

そして、65kmまで歩くことなく走ってきたのですが、さすがにもう走れない・・・って事で、少し歩いて体力を回復することに。
しかし、大腿はパンパン。
歩くのも辛い・・・、そして走ろうと思っても、まったく走ることができません。
歩くペースも、キロ15分前後という超スロー歩行。

エイドまで行って、しばらく休もうと思って歩いても、このペースでは一向にたどり着きません。
この区間が、本当に辛かったです。

どのぐらい時間がたったのか・・・、何とかエイドに到着。
水分補給、ソイジョイ1本補給。
そして、椅子に座って休憩・・・。
このエイドにいた時間は、40分以上。
何度出発しようと思ったか・・・、立ち上がってもすぐに立てなくなり椅子に座るの繰り返し。
AVG7分11秒(程度だと思いました)の表示がどんどん進み、あっという間に8分超え^^;
椅子から立ち上がれないから、どうしょうもありません。
ここまで疲労したの初めてです^^;

でも、長時間休んでなんとか立ち上がることができたので、トボトボ歩き始めました。
歩くのも精一杯、走ることはまったくできません。
気持ちは前に進もうと思っているのですが、脚がいうことをきいてくれません。

次の関門までは、4kmちょいまでと思いますが、時間的には歩いていては100%間に合いません。
完走は無理なので、エイドまで到着してからリタイアすることに決めて進んでいたら、一人ランナーがやってきて、「このままでは、関門間に合いませんかね~」って行って先に進んでいきました。
が、しばらくして立ち止まって、「もしかして、東尋坊で・・・etc」。
探してはいたのですが、前回リタイアしたときに一緒に会話をしていた人に遭遇。
さすがに、これはびっくり^^;

しばらく一緒に歩いて、途中の収容車に乗って回収バスが出発するエイドまで乗っていきました。

ということで、実際に走った距離は70km程度。
73kmポイントで、リタイア宣告。

リタイア後は、バス到着そしてバスの中でも、ほかの人と会話しながらスタート地点まで。

目標の85km地点までは到着できませんでしたが、もう走れないというところまで走れたので、楽しく走れたレースでした。
完走できなかったのは、やはり残念な部分ではありますが、来年に向けて本気でリベンジしたいという気持ちでも出てきましたね。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント