FC2ブログ

那覇マラソン その2

那覇マラソン当日。

5時30分に希少、6時に朝食。
そして、7時過ぎにホテルを出発し、徒歩で会場に。
朝方は、結構な雨。
20分程度で、会場には到着。
すぐに荷物を預けて、ボンチョを着てスタート地点に並びます。

なんだかんだで、すでに時間は8時10分ぐらい。
なお、8時過ぎには荷物預けがものすごい列。
後ろの人とかは、スタート間に合ったのかな??

沖縄は、神奈川に比べたら暑いですが、それでもさすがに雨の降りも強く、この中で40分以上待機は体が冷えます。
ですが、河口湖マラソンのときみたいに、氷点下での待機よりはるかにましでした。

スタートの整列は、やはり一部の人は・・・でしたが、それでも那覇マラソンはましなほうだと思います。

9時スタートでしたが、合図は巨人の選手がいたみたいです。
私は、野球詳しくないし、巨人は原監督ぐらいしか知らないので、どうでもよかったです^^;

ともあれ、9時に鐘の音でスタート(聞こえませんでしたが・・・)。



スタートして、2キロは渋滞でキロ5分50秒前後。
すぐに街中を走っていきますが、早速沿道の応援も多く、非常に賑やか。
ただ、徐々にばらけてきて3キロ目でやっと5分10秒ペース。

とりあえず、20キロまではアップダウンが多いコースだというのも知ってましたが、目標は3時間45分台なので10秒AVGを目指して走っていきます。

ただ、10キロぐらいまできても、23秒AVG程度。
坂も徐々に増え始めて、ペースもいまいちあがらず。

15キロぐらいでは大分疲れがでてきて、平和記念公園の少し前の登りでは、かなりヘロヘロ。
AVGも、21秒程度。
ここから、若干登りもありますが、基本は下りで30キロ超えれば、当面平坦な道。

下りは、かろうじて10秒前後ペースで走りますが、平坦なところではすでに30秒までペースダウン。
おまけに、ハーフ過ぎから靴擦れの症状がではじめて、少しずつ痛みが。

25kmぐらいからは、なんとか走っているような状況。
さっさとゴールしたいのですが、30秒きれなくなってくると、かなり1キロあたりの時間が長く感じられます。

そして、32kmからキロ6分まで落ち込み、後はほぼ6分30秒ペース。
雨もほとんどやんで、疲れと暑さのダブルパンチ。

ハーフ地点では、すでに3時間50分のタイムもやばいと思ってましたが、32kmからはサブ4も、このままだとぎりぎりかもしれない・・・という状況。

歩くほどまでは消耗してませんが、もう6分切るのはきつい状況なので、とにかくゴール目指して淡々と走るしかありません。
水分も、エイドでの補給も、喉に通らなくなってきている状態で、少しだけでも水分補給。
持参していた、アミノジェルは、すでに飲み込むのも辛いので服用せず。

そして、ゴール近くの最後の登りまで、やっと到着。
坂は大して辛くなかったですが、2キロぐらい続くのでさすがに長い(たぶんそのぐらい)。

サブ4だけでも達成しうと、下りだけは精一杯走り、やっとスタジアム近くまで。

で、競技場のトラックにはいってから、最後の全力で4時間きろうと思ったのに、入った瞬間足場がグチョグチョ。
泥は飛び散る、足は沈む、すべるわ・・・で、ゆっくり足場を確認しながら走るので精一杯。
転びたくなかったので^^;、もうゴールすればいいやってことで、サブ4はあきらめて、なんとかゴール。

30キロ以降は、もう走るのヤダ・・・って思いながら走る、久しぶりのきついレースになりました。

疲れと水分不足で、視界がぼやけながらも、完走メダルを受け取り、完走証もらって、その他食べ物もらい荷物も受け取り、会場を後に。
タクシー乗って、ホテルに戻ってやっと一息。


シャワー浴びて一休みしてTVみてたら、那覇マラソンの中継をやってました。
5時間後半ぐらいで、ゴール地点の映像では、ものすごい人。
私がゴールしたときは、人も少なかったのに・・・、すごい渋滞状態でした。

このぐらいにゴールすると、たぶん荷物受け取りとかも大変だろうなぁ~と思いながら、ベットで寝転がってました^^;


那覇マラソン。
私は、沖縄マラソンよりもこっちのほうが、コースが面白いと感じました。
メダルも、たぶん琉球ガラス製かな?
なかなか良かったです。

できれば来年も参加したいなとおもったのですが、ただ12月の沖縄は真夏の一歩手前の暑さ。
今回は、雨のおかげでちょうどよい快適な気温でレースができましたが、晴れたら・・・相当辛いですね。

帰りのタクシーで、ドライバーの方が寒いですねといってましたが、沖縄の人はやはりこれでも寒く感じるんでしょうね。
私は、半袖一枚でも暑いといったら、びっくりしてましたからね。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント