FC2ブログ

宮古島ワイドーマラソン前日

宮古島ワイドーマラソンですが、13日の朝一番の飛行機で那覇空港に。
那覇から宮古島にわたり、現地には10時50分前後に到着。

レンタカーを借りて、すぐにマラソン受付・・・といきたいですが、14時からだったのでマラソンコースの下見を。

宮古島は、一部街中は発展してますが、それ以外は基本的にサトウキビ畑。
メインの産業なんでしょうね。
海岸沿いは、景色も非常によく、特に来間島や池間島に渡る橋などは、すばらしい景観でしたが、まぁ・・・走るときは楽しむ余裕なんてないですが^^;

宮古島ワイドーマラソンは、ドイツ村がスタート/ゴールとなり右回りで島を一周し、特別厳しい坂はないのですが、中盤から終盤にかけてアップダウンが非常に多いので、後半が厳しいと予想できるコース(実際そうでした)。
後は、風が非常に強かったので、マラソン当日どれだけ風が吹くかと、気温や雨がどうなのかが気になりました。

なお、初日は雨の予報でしたが、実際はにわか雨があっただけで、たまにお天道様もでていて半袖でも十分なぐらいの気候で快適でした。
ただ、風が強いところだけは、さすが寒さを感じました。

観光もしつつ島を一周まわってからは、14時過ぎにマラソン受付。
その後は、一休みしたかったので、ホテルにチェックイン。


ドイツ村のところのホテルをとっておいたので、スタート会場まで徒歩5分程度。
コンドミニマムタイプのホテルでしたが、部屋も広く海が見渡せるので悪くはなかったのですが、食事の場所まではバスで送迎・・・だけが面倒でした。
(初日は、車でコンビニまで行き弁当で済ませてしまいました・・・)

ホテルでは、次の日のマラソンの準備。
ウルトラでは、必ずリュックを背負って、最低限の食料と胃腸薬や薬を持っていきます。
今回は、カロリーメイトx2、アミノバイタルジェルx2、胃腸薬x1、バファリン、ボンチョ、後は1000円少々の金と、塩熱サプリ、携帯電話。
着替えや荷物預けはしません。

ウェアは、上着は半袖、下はセミロングのタイツ、帽子に、シューズはアシックス。
薄手の長袖も準備しましたが、最終判断は次の日の気温次第。

準備が整えば、後は朝早いので22時前には就寝。
今回、携帯ライト忘れました・・・^^;


マラソン前日までは、とにかく食事はしっかりととる。
ハードは運動はしない、睡眠もしっかりととる事。
後は、心をとにかく落ち着かせるということ。

でも、どんなに楽しみにしているレースでも、前夜となると不安になりますね。
ウルトラマラソンでは、完走できるかどうかの不安。
フルマラソンでは、目標タイムに到達できるかどうか。

走り始めてしまえば、フルも100kmもあっという間なんですが。

089.jpg

たぶん、比嘉ロードパークの駐車場の写真です。
本当に景色がすばらしいところが多いです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント