FC2ブログ

珠洲トライアスロン レース

珠洲トライアスロンのレースです。

スイムは、今年は1500m。
先に見える折り返しのブイが近いので、気持ちは非常に楽でした^^

ただ、スイムスタートがAよりも2時間半遅いので、波が大分高かったですね。

2ウェーブスタートで、1ウェーブ目だったので、最後尾近くからスタート。
珠洲のスイムコースは、遠浅のために100~200mぐらいは楽できたと思いました。

透明度も悪くなく、コースロープ付近を泳いでいたので、若干バトルに巻き込まれるも、基本は順調。

折り返し地点までは、びっくりするぐらい早く着いた感じでしたが、折り返してからが結構きつかったです。

ウェットスーツなので、少し腕も疲れてきましたし、帰りは波が高く、何度も波で上下に翻弄されながらのスイム。
泳いでいるところも良く見えなく、ただ透明度がよかったので、なんとか他の人を発見して、後ろについていきながら淡々と泳ぎます。

今回初めて気づいたのですが、スイムコースは、海の中にダイバーが何箇所も待機してましたね。
ライフセイバーも海上で待機してましたし、結構安全に気つかってるのかな?(もしくは、コースショートカットの監視??^^;)

そんなこんなで、思ったより疲労がたまりましたが、スイムも浜に上がることができました。
あがってきたときに、レスキューに救助されていた人がいたのですが、大丈夫だったのかな???


で、次はバイクセクションですが、トランジションエリアに近づいた時にはじめて気づいたのですが、雨が降ってる・・・。
スイムの時は、晴れたり曇ったりだとおもったのに、雨ですか・・・。

とりあえず、靴類はびしょぬれになってしまってましたが、準備してバイクスタート。

バイクスタート直後、雨が本降り・・・そしてかなりの豪雨・・。
涼しいのですが、すごい怖い^^;
特に、久しぶりのTTバイクでの実走行なので、コーナーリングがうまくできず、慣れるまでひやひやしながらの走行。

それと、後半の体力温存のために、あまりスピードは上げずに30km/h弱程度の速度を意識しての走行。
前回は、バイクに乗った直後から、脚がまったく動かなかったのですが、今回は絶好調です。

で、バイクはしばらくすると雨もやんで、完全なドライ。
場所によって、雨だったり晴れだったりしたみたいです。

珠洲のバイクコースは、3つ峠ありますが、最初の峠は軽々クリア。
登りの区間は基本的に頑張らず、その分平地で稼ぐつもりでいたので、体力温存しながらの登り。

下り区間は、最初に珠洲に参加したときは、場所にもよりますがほぼ全開走行だったのですが、今回は殆どブレーキしながらのスロー走行。
もちろん、どんどん抜かれてしまいますが、怖いので仕方ないです・・・。

続いて、2つ目の峠。
こちらも、多少きついですが、何も問題なくあっという間に上り区間終了。

その後、追い越し禁止区間を終了して、全開ダウンヒルなのですが、ここもほぼブレーキしながらの走行。
タイムがもったいない・・・と思いながらも、恐怖心に勝てないのでゆっくり行きます。

最後は、大谷峠。
前二つの峠が、余裕でクリアできたので、大谷も問題ないだろうということで・・・、実際に難なくクリアできました。
さすがに、最後の登りでは、25Tまでギアを使いましたが、28Tまで使うことはなし。
暑かったので、途中のエイドで一回スポンジ使いました・・・冷たくて気持ちようございました。

後は、ひたすら山を下るのみ。
ここも、全開でいけなかったのでどんどん抜かれますが、気にする必要はなし。
そして、体力も余力あったので、山を下った後からはペースをあげて、バイク単体では1時間48分程度でゴール。

まだまだタイムはつめれましたが、その分ランに脚も残っているし、これでランで50分きればいい感じかな・・・。

と思っていたのに、ランスタートし最初のタイムをみると5分30秒・・・。
脚は軽いのに、ペースがまったくあがりません。
タイムも徐々に落ちてきて、5キロ過ぎには5分50秒近くまでダウン・・・。

残り数キロ地点で、6分半までタイムが落ちてきました。
射水のときよりも、大分ペースダウン。

でも、完走はできるしいいか・・って事で、淡々と走り珠洲もゴール。

去年のリタイアから、今年はショートとはいえ、一番懸念していたバイクコースも余裕でクリアできたので、一安心。
これで、来年は安心してAタイプに参加できそうです。

今回のレース、順位がよいのかどうかわかりませんが、走っている位置的に殆どビリかな??って思ってたのですが、中盤ぐらいでゴールできていたので、練習量から考えると本当によかったのかな。

来年は、トライアスロンに熱入れられそうなので、今シーズンのマラソンの合間にバイク練習を詰め込んで、バイクの力もアップしたいです。

とりあえず、ショートではバイクは1時間5分ぐらいまでタイムあげたいですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント