FC2ブログ

珠洲から帰りました

珠洲ウルトラマラソンから、無事帰宅しました。

二回目の参加で、第一回は70kmちょっとでリタイア(66kmじゃなくて、もうちょっと先でリタイアしてました・・・)。
今度こそは、絶対完走するぞの目標で参戦。

前半から脚が非常に重く、後半のアップダウンのきつさ。
おまけに、プラス2kmの距離で、かなり関門が危ない状態でのランでしたが、何とか完走。

前半から、他のランナーの方と一緒に走り、後半はなぜか集団。
最後は、4人同時でのゴールと、途中心が折れそうになっていたところですが、一人じゃないおかげでなんとか走れたようなものです。

また、詳細は後日書きますが、今回二回目の開催で大分大会自体もよくなってきたと思います。

○暗闇対策
 スタートとコース後半ですが、途中ライトアップの箇所が何箇所かあり、暗闇のラン対策が増えてました。
 スタート後は、そんなに暗くて危ないという印象ないのですが、終盤はランナーも減り真っ暗闇でのランです。
 ただ、結構夜に目が慣れてしまうので、暗いながらもそれなりに見えてましたけどね。

○エイド
 前回同様に、食べ物は豊富なのでよかったと思います。
 ただ、カロリーメイトはなくて全部ソイジョイでした。
 別にいいのですが、カロリーメイトと違ってすぐに口の中で溶けないので、食べづらいんですね。
 能登丼はどこであったかしりませんが、無かったので多分品切れだったのでしょう。
 オロナミンCも、個人的によかったです、が後半体が冷えてきたので95kmのところでは飲めませんでした・・。

○コース
 基本的に、びっくりするような急な山とかは無いのですが、思った以上に坂道が多いです。
 特に、70km以降でラケット道路あたりから、相当脚にダメージがきます。 
 禄剛崎などは、坂道でマジになきたくなる勾配です。
 
 距離は、実際には102km(みんな、やはりプラス2kmあるといってました)
 これを勘定しないで、走っていたので関門やばかったです。
 東尋坊みたいに、100+2kmおまけみたいないな表示にすればいいと思います。

 後は、コース上の案内とかは私は問題感じなかったです。
 曲がらないといけないところには、必ず人がいましたから、コースを間違えることはまずないと思います。

 景色は良かったと思います。
 山・海・山と変化ありますし。

○その他
 まあ、まだ二回目の大会もあり、大会運営自体でいえばもっと良い大会はあります。
 コース自体、一部の場所は交通量はそれなりにありますが、大半は殆ど車も通らない場所です。
 フルと違い、ウルトラは交通規制をすべてでかけるのも不可能ですし、走れる道も限られます。
 ある程度、自己管理の下で安全を確保しながら走る必要があるのも、ウルトラでしょう。

 珠洲は、トンネル内は片道規制にしてくれたり、横断する場所は誘導員がいたりと、結構頑張ってくれたほうだと思います。

 今回、一日雨というのもありましたが、100kmの完走率が69%みたいだったので、ハードなコースだった証拠かな。
 (去年は70%)

 まだ、来年参加は考えたくないですが、もう少しトレーニングを積んで、もうちょっと走れるようになりたいですね。
 大会も、徐々に運営もよくなってくるでしょう。
 
 個人的に、もうちょっと参加費あげてもいいから、2.5km毎にエイドが欲しいです。
 特に中盤から後半は。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

休む間もなく、フルマラソン

あまり連続で長距離を走っていると、疲労骨折等起こしやすいので気をつけてください。
私の場合、練習のときは 練習用の靴底に 更に衝撃を和らげるため 綿とかエアキャップ(プチプチ)をシューズに入れて走っていました。
 
 休む間もなく、フルマラソン 頭が下がります。

Re: 休む間もなく、フルマラソン

心配していただき、ありがとうございます。
実のところ、私も走りすぎるとそういったことが起きるんじゃないかと危惧はしています。

ただ、レースはたくさんでてますが、普段はあまり練習をしてません。
週に3回ぐらいしか走らないですし、距離もあまり走らないので、今のところは大丈夫なのかなと思ってます。

ですが、現在負荷を徐々にあげているので、それが故障の原因にならないかだけは心配です。

今週末はフルマラソンですが、完走お手伝いのサポートランナー状態なので、42kmのジョギングなのでたいしたことはありません。

フルの距離を、ゆっくり走るだけでも周りにはおかしいといわれますが、ウルトラはじめると距離感覚麻痺してきます^^;