FC2ブログ

能登半島珠洲ウルトラマラソン スタート前まで

今回から、第二回能登珠洲ウルトラマラソンのネタを分割でいきます。

珠洲に訪れるのは、今年三回目。
2年前、初の珠洲トライアスロンに参加してから、ここの町を非常に気に入ってしまい、トライアスロンと共にウルトラマラソンもはずせない大会となりました。

仕事さえあれば、是非移住も・・・なんて、雪国にはさすがに住めないなぁ~。
(寒いの苦手だし、旅で訪れるのと住むのでは大違いですから)

はともかく、珠洲までは自宅から600km以上あるので、金曜日は和倉まで移動し、土曜日に珠洲に入りました。
公共の交通に関しては、正直不便なので車が必須かな(特に、トライアスロンの時は)

珠洲にいくときの毎回の楽しみが、道の駅すずなりの塩ソフトと、道の駅狼煙の豆乳ソフトです。
すずなりのソフトは、かぼちゃが入荷していておいしかったです。(前回はいちご)
ウルトラで、ソフトクリームのエイドなんてあっても面白いかと思うのだけど、10月だとさすがに寒いかな?

土曜日は、13時から受付開始でしたが、今回の場所はラポルトすず。
なかなかの設備で、今回初めてこういった施設があるのを知りました。



受付ではゼッケンと参加賞をいただき、記念の焼酎があったので一本購入(私は飲めないので、お土産用です)。

さすがに、大きな大会と違って、ごく普通の受付でしたが、これはこれでいいと思います。
お金の事は知りませんが、盛り上げようと思うとそれなりに金もかかるでしょうし。
個人的には、地元名産の販売店とかあるといいかなと思いました。
確かに、町中でもみやげ物買えますけど、会場とかで販売があると楽なんですね~。

それと、参加賞はTシャツでしたね。
去年は、タオルだったかなんだったかわからなかったですが、Tシャツになってよかったです。
基本的に、Tシャツと完走メダルのコレクターですので^^;

コースの下見は、午前中に済ませていたので、午後はウルトラコースを一部下見しつつ、別のところにドライブにいって、本日の宿泊地の珠洲ビーチホテルにチェックイン。
20時には就寝。
ウルトラ前は、しっかりと食事と休養。

それと、今回は簡単に珠洲市内で宿が取れました。
トライアスロンの時は、ほぼ珠洲市内での宿は確保不可。
毎回輪島に宿泊してましたが、ウルトラマラソンも規模が大きくなると不安ですね。


そして、マラソン当日は2時に起床。
支度を済ませたら、3時に宿をでてコンビニで食事。
4時前には、駐車場のらぽるとすずに車を置いて、送迎バスでスタート会場に移動です。
2km程度なので、歩いていくことも可能ですが、何せ100kmこれから走るのですから、無駄な体力は使いません^^;

なお、今回は一日雨との予報でしたので、レインウェアを着て走ることにしました。
ウィンドブレーカーは使いません、防水じゃないと雨が降ると濡れて余計寒くなるだけ。

フルマラソンと違い、ウルトラマラソンはペースが遅いですから、体が温まらないので15度前後だと、結構後半になると体温が下がり辛くなります。
風が吹くと、さらに体感温度が低くなりますから、前半や中盤暑くても終盤を考えると、雨や風対策は必須。
簡易のボンチョじゃなくて、モンベルの少しお高いものを事前に購入していて助かりました。
実際、かなり防風と保温に活躍してくれました。

スタート会場では、しばらく建物内で一休み(というか、半分寝てました^^;)。
外では、アミノバリューとソイジョイが配布されてました。
当然、一本いただきました。
確か、去年もやっていたような気がします。

20分前には外にでて、スタートゲート前に。
去年とスタート場所が違い、グランド内で土だったので、ゴールで靴がどろどろになりそうだなぁ・・・と思ってましたが・・・(結果は、ドロドロ^^;)。
フルマラソンでも多いのですが、土のグランドがスタートとゴールになっている大会多いので、雨降ると悲惨なんですよね・・・。

スタート何分前かは忘れましたが、去年同様にスクリーンに珠洲とウルトラマラソンの紹介の映像が流れました。
お金かけてますね~、まあ嫌いじゃないです^^;

と、そんなこんなでカウントダウンが始まり、朝の5時にウルトラマラソンのスタート。


次回は、スタート後からです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント