FC2ブログ

能登半島珠洲ウルトラマラソン30km~

能登半島珠洲ウルトラマラソン 30km~

30km地点が、最初の峠の頂点なので、ここを過ぎると長い下りが始まります。
5kmぐらいの下りなのですが、去年は結構なスピードで飛ばしました。

今回は、ペースを確認しながらキロ7分程度でゆっくり下ります。
もう少しペースをあげてもよかったかな・・・って感じでしたが、とりあえず無理はしません。
それと、どこらへんかはわかりませんが、峠区間で霧がでていたので結構綺麗な景色が見れましたね。

すぐに下りが終わると思ったのですが、これがなかなか長い・・・。
おまけに、この区間6kmはエイドステーションがないので、精神的にも結構きついです。
唯一の救いは、この峠は戻ってこなくていいかなって事ぐらい^^;

その峠も下ると、町中に入り、橋を渡るとやっとエイドステーション。
すでに、速い人たちは折り返し。
去年は、もう少し先でトップの人とすれ違いました。

ここのエイドでも補給をしてから、今度は舟木谷峠を超えなくてはなりません。
距離は短いのですが、結構坂がきつい峠です。
大分脚もお疲れ状態ですが、なんとか安定したペースで峠を登っていきます。
折り返しの人たちに声をかけつつも、こちらも歩かず淡々と進みます。

ここは、峠の途中にエイドが一箇所あります。
エイドの方もノリのいい人たちで、結構ジョークに付き合ってくれるので、癒しになりましたね。
ここも少し立ち寄ったら、すぐに出発。

多分ここら辺あたりから、最後一緒にゴールしたI氏と初対面。
面白い方で、色々話をしてくれたのですが、とりあえずプライベート公開になるので、内容は言いません^^;
ただ、ここら辺ではまだ一緒に走る時間は少なく、先に行ったと思ったら、いつのまにか後ろから追い上げてきたりと(途中、休憩とかあったらしいです)、会ったり別れたりの繰り返しでした。

そんなこんなで、峠も下って、しばらく先に進むと(これが結構長かったのですが)、カレーがあるエイドステーションに到着。
ここでは、初のトイレ休憩。
当初、カレーは食べるのやめようかな・・・と思っていたのですが、結構おなかも空いていたので一杯だけいただきました。
大変おいしゅうございました^^

なお、ここで一人一緒に走っていた人が出遅れて、M氏とこの先二人で先に進むことに。

ここから先は、千枚田に向かって、狭い歩道を走るコースです。
車がそこそこ走ってますが、道路渡るところとかも誘導があるので、そんなに不安はありません。

去年、ここの区間は飛ばしすぎたツケがきて、かなり苦戦したところです。
今年は、疲れは感じるもののペースは落ちてないのが救い。
そして、千枚田の折り返しですが、去年の折り返し地点のポケットパークが工事中だったので、大分下で折り返しポイントになっていたので助かりましたね。
結構な登りポイントなので、少しでも登り区間は短いに越したことはありません。

折り返してきたら、また同じ道を戻らないといけないので、これが一番きついですね~。

で、またカレーエイドに戻ってきましたが、さすがに二杯目のカレーは食べません。
ただ、他のものは補給をしてエネルギーを蓄えます。


今回も、エイドでの水分補給は、かなりしっかりととりました。
寒いレースで、そんなに水分いらないかなと思うかもしれませんが、実際にはかなり汗がでますから、水分だけは確実に摂取するのが基本。
補給食も、お腹が減っていないから食べないでいると、中盤あたりから腹減りで苦戦します。
ウルトラは長いですから、ハンガーノックになっても、補給後回復することありますが、やはりお腹が減ってからでは遅いですから。
なお、塩分も忘れずに・・・。

それと、珠洲ウルトラでの補給食は少ないとの意見もありましたが、全般的に見ると決して少なくない部類だと思います。
チョコ、塩分、ソイジョイ等、フルーツなど、ポイントでしっかりあったので、私は十分でしたね。
サロマ湖なんか、大半のエイドで私は食べられるものがなかったですからね。


と、次回は50kmぐらいから。
(一週間近くなって、大分何があったか忘れてきた^^;)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント