FC2ブログ

遅くなりましたが、第二回珠洲ウルトラマラソン最後の記事

さて、実はまだ書いていなかった珠洲ウルトラマラソンの続きのネタ。

73kmまで書いていたので、その続きですね。
先日、宮古島ワイドーで最後に一緒に歩いた人は、ここでリタイアしたとか言ってました。
寒かったらしいですが、私は珠洲の時は寒さは大丈夫でした。

レインウェアが役にたっていて、ずぶ濡れ状態ではなかったのもあります。
が、ただ厚着だったので、汗はかなり書いてましたので、立ち止まると少し寒かったです。

第一回は、途中搬送されて私もここでリタイアでした。
第二回になって、やっとここから先に進めます。

ここから先のコースは、毎年来てますので道は知ってますが、走るのは初めて。
基本的に、ほかの人たちと走っていたので、登り坂は歩いて、平地と下りを走るというスタイル。

ラケット道路は、改めて走ってみると後半は勾配がすごかったですね。
トライアスロンでは、反対側から気持ちよく下って来るだけですからね。

順調に走りながら、かかしがたくさんある畑の先が、道の駅狼煙。
灯台を一回りしてから戻ってくるのですが、実は一回も灯台に行ったことはありませんでした。

で、改めて向かうと・・・、信じられない勾配・・・。
歩くだけでもダメージが来ます^^;
のぼっても下っても、ダメージがやってくるほどの坂道。
短いとはいえ、本当にきつかったです。

私が、ちょうど下りきったあたりで、途中で別れたランナーの方々とも遭遇。
ほかのランナーも、結構急いで登っていたので何だろうと思ってたのですが、ちょうど狼煙を出発するときにみた看板の関門時間が、7分後。
関門が危なかったんですね。

狼煙以降は、反射板のタスキをつけて出発。
制限時間の14時間が迫ってきたのもあり、ここからしばらく頑張りましょうということで、暗くなってきた中走ります。

ここからが、一番頑張ったと思われます。
90km過ぎも、実は結構なアップダウンがあります。
おまけに、真っ暗。
途中、ライトアップしてくれていましたが、基本は真っ暗。
女性のランナーとかは、怖いんじゃないかという去年の口コミもみましたが、改めて走ってみると実感。

ともあれ、時間をみながら95kmのエイドまでは頑張りましょうということで、本当に気合入れてのラン。
そして、エイドに到着して、残りタイムを見るとゴールは確実ということがわかって、ここでやっと余裕もできましたが、気合も抜けました^^;

リポビタンDが配布されてましたが、さすがにお腹が受け付けないのでパス。

そして、残り5kをみんなと一緒に実感しながら少しずつ進み、ゴールは4人同時でテープを切りました。

13時間52分ぐらいだったのかな。
きつい珠洲のコースでしたが、いつもウルトラは終わってみれば、あっという間の一日。
走ってよかったな~って、思いで充実でした。

まだまだ、運営という点では完璧とはいえませんが、走って楽しいコース、充実感ではかなり良い方でした。
個人的には、もっと能登をアピールするエイドステーションの内容を充実するといいのになと思います。

とはいっても、運営費の問題もありますし、ランナーにはわからない苦労があるでしょうからね。
多少値段があがっても、それを上回る魅力があれば、ランナーはきっと集まるでしょうから、ぜひ頑張ってほしいかな。

今年は、10月5日予定みたいですから、また参加します。

そういえば、珠洲ウルトラは地元新聞とかで記事掲載したのかな?
後日、有料でもいいから新聞郵送サービスとかあればいいのにね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント