FC2ブログ

ヨロンマラソン終わりました

ヨロンマラソン終了しました。

まずは完走ですが、離島の小さなマラソン。
細かいこと抜きに、こういった島を走れること自体に感謝です。

都市型の大きなマラソンでは、とても味わえない雰囲気。
島全体で盛り上げてくれ、応援もしていただき大変感謝です。

最初は記録狙いだったのが、終始ジョグで楽しく走らさせていただきました。
(といいつつ、後半は向かい風が厳しくて余裕なかったですが^^;)


で、今回の記録ですが

3時間51分39分
フルマラソン男子 43位
年代別40~44代男子 10位

アップダウンだけならともかく、ミックスされて強風だったので、とても記録なんて狙えませんでした。
スタートから、すぐにジョグペースに切り替えて、後半への体力温存と、楽しんで走ることに徹しました。


で、ここから今日のマラソン記事です。

朝は、5時半に起床。
朝食は6時半(宿泊は、プリシアリゾート)。

前回、食事が少なくて終盤ハンガーノック気味になったんで、今日はしっかりと食べました。
が、食べ過ぎて気持ち悪くなりました^^;

食事後は、部屋に戻って、マラソンに向けてトイレをしっかりと済ませました。
本番中にトイレに駆け込んだら、その時点で記録も狙えないですし、一回休みが入ってしまうので、そこで気力が途切れてしまうので、駆け込みしないように、トイレタイムは非常に重要。

8時になってから、ホテルの送迎バスで現地に向かいました。
雨は降ってないにしても、風が強いので肌寒い状態。(14度前後とか言ってました)

8時30分に開会式が始まり、40分過ぎぐらいから、ゲストランナーの谷川真理と一緒に準備体操。

50分にスタート地点整列ですが、島のマラソンですから、混雑はなし。

一応、タイム順に整列だったのですが、私は3:30~4:00の列に整列。
その前は、2:30以内の人が整列・・・って、どう考えても2:30~3:30の書き間違いでしょ。
さすが、島マラソンなので適当^^;

とはいえ、ほぼ最前列なので、スタートのタイムロスはほぼなし。

9時のスタートと同時に、ゲートもくぐってマラソンスタートです。

最初は町中を少し走るのですが、いきなり登り。
前の人のペースにつられて、キロ4分30秒切っていたのですぐにスピードダウンです。

町中を少しはしったら、すぐに海岸沿いにでて反時計周りに島を一周します。
ペースは抑えて走っているつもりですが、かなり強烈な追い風のおかげで、ゆっくり走ってもそこそこのペースで走れてしまいます。

応援にはできる限り答えながら、ヨロンを楽しんで走ろうという気持ちで行ったので、序盤は楽しかったですね。・

1km~10km
4:50、5:04、5:10、4:59、5:12、5:12、5:11、5:17、5:54、5:02

ほぼ予定通りのペース。
8~9km地点が、ヨロンマラソンでもっとも高い場所です。
さすがに、前半なので余裕で走れますが、オーバーペースにならないように注意。
キロ5分20秒ぐらいでもいけたのですが、無理は禁物。
一番上の地点にはエイドがあって、JALの機内サービスであるスカイタイム(要はシークァーサ)があったのでしっかりといただきました。
美味しいので大好きです。

11km地点ぐらいで、予定通りに持参していた補給食をいただきました。
ザバスピットインだったのですが、かなりドロドロで食べた瞬間びっくりしました。
少し甘かったですが、飲めないレベルでもなかったので、しっかりと補給。

11~20km
5:33、5:35、5:05、5:21、5:26、5:29、5:44、5:27、5:26、5:16

タイムが少し落ち気味ですが、登り&向かい風のミックス。
あまりにも風が強烈で、なかなか進みません。
でも、ほかのランナーも状況は一緒で、みなさんペースが落ちてます。
トップランナーとは、17~18km前後ですれ違いました。

そして、ここらへんのコースは、ひたすらアップダウンが続くので、勾配はきつくなくても徐々にダメージが蓄積されます。
ただ、さすがにいつもよりはペースを落としているおかげで、まだまだ余力はありました。

ハーフ通過地点で、1時間52分前後(だったかな?)ぐらいだったので、まだハーフランナーはスタートしてないので、そのまま中間地点を折り返し。

21~30km
5:26、5:26、5:21、5:21、5:27、5:18、5:18、5:17、5:23、5:16

21kmぐらいで、二回目のザバスを摂取。
25km地点ぐらいで、あっという間にハーフランナーのトップに抜かれました^^;
速いのなんの・・・。
そして、私の方は折り返してからは、しばらく向かい風が続きましたが、徐々に追い風区間になりペースアップ。
30km地点にきて、大分疲れを感じてきましたが、まだまだ何とか走れる状況。

なお、33km手前でゲストランナーの谷川真理に抜かれました。

31~42km
5:25、6:10m、5:16、6:00、6:27、5:14、5:49、5:43、5:46、5:58、6:05、5:35

タイム見ると分かりますが、終盤はひたすら強烈な向かい風とアップダウンとの戦い。
本当に走るだけで精いっぱい。
ほかのランナーも、全然スピード上がってないので、向かい風が本当にきつかったです。
33km地点で、補給食のワンセコンドを摂取。
ほとんど水みたいな感じで、甘さも控えめだったのですごい飲みやすかったです。
(次回から、これにしようかな)

そして、ガーミンみながら、3時間50分切れるかなと計算しながら走ってましたが、やはり無理でした^^;

最後の1kmだけは、少しペースを上げるものの、ゴール手前で押し戻されるぐらいの強烈な風。
それでも、何とかゴール。

さすがに疲れましたが、前半ジョグペースだったおかげで、後半大幅に失速しないで済みました。
前半飛ばしていったら、多分ですが4時間切れないぐらい消耗していたと思われます。


ゴール後は、完走メダル、完走証にミニボトルの焼酎をいただきました。
ちょっと歩いた先に、宿泊先の送迎バスもきていたので、すぐにホテルまで送ってもらい、現在記事を書いております^^

なので、まだまだみなさん走っている最中です。
(5時間超えのランナーになるかな、ハーフなら3時間越えのランナーですね)
現在、太陽もあがってきているので、今の時間のランナーは暑さとの戦いにもなるので、厳しいかも。


ヨロンマラソン。
総評として、エイドステーションはとにかく沢山。
坂道が多い所は、すぐに水分補給ができたので、これはありがたいと思った人は多いと思います。
エイドでの補給食は、すみません、よくみてなかったのでわかりませんが^^;、食べ物とかあったような気がします。

ゴール後も、しっかりとドリンクサービスもありますし、小さい島のマラソンながら、ランナーの事をしっかりと考えてくれて、非常によいマラソンです。
遠方で費用もかかりますし、宿や交通手段の問題もあるので、なかなか参加しにくいとおもいますが、ぜひ一度は行ってみるといいと思います。
サブ3.5ランナーの方なら、年代別表彰も狙えるかもしれません。
私のペースで、年代別10位ですからね。
(ただ、タイムの間隔にかなり差があるとおもわれますが・・・)

コースは、かなりハードだと思いますので、覚悟した方がいいです。
走りやすさが、天候にもかなり左右されますね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント