FC2ブログ

伊豆大島ウルトラランニング 2周目

伊豆大島ウルトラランニング、2周目です。

58km走ってきましたが、出だしは好調・・・。
ただし、登りを走ると脚が攣るので、後半緩い登り坂以外は、すべて歩く方針に決定。

まだ、去年の58kmよりも速いタイムで折り返ししているのと、見晴台までキロ7分36秒AVGを保てていれば十分間に合うので、メンタル的には大分楽なスタート。

元町港を出発すると、しばらくは登り基調の道が続きます。
岡田港に近づくと、下り基調のコースに変わって、大島公園に近づいてくるとアップダウンが厳しくなります。

そして、大島公園あたりから本格的な、最後の山登り開始。

ひたすら歩きましたが・・・、いやぁ・・・きつかったです。
特に上に上がれば上がるほど、向かい風・横風がきつくなり、歩くのすらきつい状態。

大分タイムは落ちましたが、山下りで一気にタイムを稼ぎます。

見晴台に到着した時には、ジャスト7分36秒AVG。
狙ったわけではないですが、大体中盤あたりで、そのぐらいでたどり着けるだろうという勘があたりました。
レース経験積んでくると、意外に自分の調子とペースから、タイム予測できますね。

なお、80km地点で、10時間8分ぐらい。
このコースを考えると、意外にここまでは速かったですね。

ただ、波浮のあたりから、右足にできた豆が強烈に痛み、平地や下りでも歩き状態になりました。
ここまで痛むのは初めて・・・、というぐらい痛かったので、ひたすら歩くしかありません。

おまけに、暑くないのに異様に汗がでます。
腕や手が、びしょ濡れというぐらいの異様な汗・・・(調子よくなかったですからね)。

でも、もう最終関門も余裕に通過できるのもわかりましたし、実際に30分以上余裕なタイムで関門通過できました。

後は、とにかく足の痛みを我慢しながら歩くのみ・・・。

ですが、最後の2km・・・、少し走ろうかな・・・と思ったときに、ランナーの神が降臨。

痛みが気にならなくなり、ペースを上げて走れるようになりました。
キロ6分30秒を切るペースで、残り数キロを楽勝で走ることができて、無事に伊豆大島ウルトラ100km完走となりました。

無事に、新島硝子の100km完走メダルをゲットできて、一安心。

今回、トータルで20km以上は歩きが入ってますが、タイムとしてはそれでも13時間21分。
アップダウンが厳しくても、登りはあまり歩きのデメリットがないですし、下りで稼げる。
今回、痛みに負けて歩いてしまいましたが、そこが我慢できれば、思った以上に伊豆大島は厳しくないかもしれません。

一番の大敵は、坂道ではなくて、天候でしょう。

今回、雨こそ降らなかったですが、強風と山の上は寒さとの戦いでした。
雨降られたら、完走できたかどうか・・・。

また、来年も参加しようとおもいます。
来年、42km予定ですが、100kmをまた走りたいかな・・。
もう少し頑張って、12時間30秒台目指したいですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント