FC2ブログ

休み

本日は、会社を休んで日光無線に。
午前中は路面もウェットだったけど、午後には乾いて走行可能に。

先日の引き続きで、RRRのセットアップ。

今日も、一日バトルをしながらの走行の為に、自分のセットアップの結果が、バトルのスピードにでてくるのでかなり勉強に。

ダッジ3.1に変更し、前350、後ろ450、バネは新しい京商のライトブルーを使用。
このままだと、基本的にアンダーステア。

フロントのダンパー位置を一番寝かせて、初期の入りはよくなるが、まだまだ不満。

ここで、リアのリバウンドを4.5~3.0mmの間で調整。

基本的に、3mmぐらいまでがストローク量の限界みたいで、これ以上は顕著にストローク不足が走行にでてくる。
4.0mmより増やすと、徐々にグリップが低下してきて、4.5mmぐらいで、かなりリアはずるずるな挙動に変化。

リアは、3.0mmのリバウンドで、キャンバー変化量調整のシムはなしで走行。

これだと、安定して非常に扱いやすく、感覚的には速いのだけど、バトルでは勝負にならず。

仕方ないので、シムを戻すと、少しグリップが落ちるのでシャープなターンインに。
さらに、リアのダンパー位置を一番寝かす→リバウンドを4.0mmに。

これで、かなり初期の進入が早くなり、コーナーの後半も安定志向になってきたけど、まだまだMTX4のようなコーナーリングにはならず。

ここで、時間的にはタイムアップ。

かなり、小回りなラインをトレースしても全開率が高くなってきているので、セットの方向としてはいい線かも。

なお、エンジンはZAC OSTZ5ポートを使用。
クラッチは、低摩擦タイプで締め込み量を0.4mmからスタート。
もともと、高回転まわさないとだめみたいで、この状態では2速の後半は確かにパワーがあるのだけど、1速は完全にトルクバンドをはずしている感じ。

なので、締め込み量を0.8mmまで。
これで、かなり加速からパワーがでて明らかに速くなったが、加速が良すぎて、インフィールドで非常に扱いづらい。

ここで、ギア比を16、61T → 16、60Tに変更。

これがヒットしたのか、インフィールドの挙動もマイルドになり、かなり速い。

しかし、時間無制限のサーキットは、セッティングの時間もたっぷりあって、そしてかなりのテストをこなせるので、ノウハウがどんどん蓄積できます。

おまけに、タイヤも減らないので財布に優しい。

最近、SSWもいってないのでたまには行きたいなと思うのだけど、一番は時間がたっぷり走れる理由で、どうしてもNK無線にきてしまいます。

朝の4時から、夜は23時まで・・・。
これで、ひたすら走りっぱなしなので一日1ガロン近く燃料使いますわ^^
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

日光無線って・・・

時間無制限ってすごいですね!

24時間営業なんですよね?
良い環境です。そこの近辺のユーザーさん達は、とっても恵まれてますですね。うらやましい限りです(^・^)