FC2ブログ

丹後うるとらの内容を簡単に

丹後ウルトラマラソンですが、100km男子の完走率は69%。
コースと制限時間を考えると、妥当かなと思います。

マラソンコースですが、アミティ丹後を4:30にスタート。
スタートして、1~2kmで七竜峠が待っています。

朝方は、まだまだ体力があるのと暗闇で景色もみえないのでわかりにくいのですが、スタートしてすぐに結構な峠道です。
しばらくアップダウンが続き、7km前後ぐらいになると、明るくなってきます。

峠は、大体10kmぐらいで終わるのですが、そのあともしばらく小さいアップダウンが続きます。
本当に、ここのコースは坂道が多いですね。
ルートラボで、累積標高が1500mぐらいあるので、ウルトラとしても坂は多い方だと思います。

前半は、七竜峠を超えて久美浜湾を一周してから、また七竜峠を戻ってきます。
30kmぐらいから峠までは、しばらく平坦が続くのですが、この時点でいつになく疲労を感じました。
おまけに、お腹の調子があまりよくない。
徐々に上がってくる気温で、すでにモチベーションすら大幅ダウン状態。

七竜峠を、また登っていく時点ですでに歩きが入りました。
峠を越えた時点で、かなりやる気なし^^;
右足の痛みも、時々痛みがでたり消えたりの繰り返し。

どこかでリタイアしてやろうかなと思いつつも、とにかく60kmの碇峠の登りまでは我慢。
50km後半では、すでにペースはキロ7分ぐらいまでダウン。
それまでは、6分30秒前後で走っていたので、大幅ダウン。

そして、なんとか我慢して峠の登り開始の所まできたら、緩い登りと平坦、そして下り以外はすべて歩き。
上に行けばいくほど、勾配がきつくなるので、歩きでも全然脚は休まらない・・・。
当初は、全部走るつもりでいたのだけど、気力0・・・。
ただ、ここまでくれば、ペースを調整しながら走っていけば完走できるので、12時間前半はあきらめて完走狙い。

碇牧場まであがってくれば、後はほぼ下るのみ。
4km程度だと思いましたが、キロ6分程度までペースをあげて一気に峠を下ります。

ただ、一番きついのは80km~ゴールまでの海岸線沿いのルート。
大きな山こそありませんが、ひたすらアップダウンが続きます。
時々、短いながらも激坂がまっているので、走ってられません・・・。

それでも、一歩一歩進んでいけば、ゴールは確実に近づき、残り4kmぐらいからは最後の気力で走り続け、1kmぐらい手前からは、歓迎ムードがものすごい。
ここまで歓迎してくれるレースは、私がウルトラでてからは初めて。
頑張ってよかったなとおもった瞬間です。

そして、長くて短い13時間の旅も終了。

大雑把にまとめましたが、とにかく坂坂坂。
3月に出場した、伊豆大島の方が坂道多いですが、あちらは大きな長い坂があって、長いくだりの繰り返し。
丹後は、小さい坂道の繰り返し。(大きな峠は2か所)
私には、それがきつかった・・・。

景色も良いコースなのは間違いないですが、私はあまり楽しむ余裕なし^^;

ともあれ、完走メダルは何とかゲット。
気力が持たず記録はだめでしたが、完走すればいいんです^^;

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント