FC2ブログ

白山白川郷ウルトラのコースの話

白山白川郷ウルトラマラソンのコースについて。
ほとんどの人は、ここのコースの標高差を見て、参加を見合わせるか自分には無理だと思ってあきらめる人が多いかと思います。
ただ、100kmはそれなり厳しいですが、50kmは制限時間が10時間もあるので、はっきり言って完走だけでいったらウルトラの中ではかなり難易度は低いとおもいます。
まずは、50kmからチャレンジすると、ここの大会の美味しい所だけつまみ食いできるかなと思います。

今回私が出場した100キロコースは、スタートから距離調整で白川郷とは反対方面に5km程度走りますが、基本的に下り基調の道になります。
朝早くから走るので暗いのですが、思ったよりは明るいのと、場所によっては照明があるので、私はライト無しでも普通に走れました。

トイレとかは、スタート地点や公衆トイレがありますが、人数があまり多くなかったので混雑はさほどなかったのですが、参加人数が増えると厳しいかもしれません。
林道内にも、何か所か公衆トイレがあるのと、仮設トイレも設置してくれますので、心配はないでしょう。

なお、5kmを折り返し、平地を少し走ると当然のことながら登りになります。

スタート地点に戻ってからは、三方岩まではほぼ全部登りといってもいいとおもいます。
ただし、二か所ほどそこそこの下りがあるのと、短いながらもスーパー林道の料金場過ぎてから平坦な所もあります。
が、本当に登りが続くので、覚悟は必要ですね、
勾配も、徐々に厳しくなってくるので、ここでの頑張りは結構重要になります。

三方岩を過ぎれば、今度は延々と下りが続きます。
白川郷前後及び中で、少し登りがあるので、ずっと下りや平坦なコースだと思ってると、精神的に堪えます。
なんせ、10km以上下ってくると、勾配の緩い下りでも平坦に感じます。

そして関門時間なのですが、第一関門が58.3kmで12時半。
8時間半でこないといけませんが、ここの関門自体は決して難しい課題ではないとおもいます。
が、問題は第二関門の三方岩が、14時40分。
10時間40分で、71.8kmを走らないといけない事になります。

第一関門から第二までの距離が、13kmちょっと。
かなりきつい坂を登っていかないといけないので、ここでどれだけ時間にゆとりがもてるか。

私は、7時間20分弱(11時20分ぐらい)で第一を通過し、第二は14時10分ちょいで通過しました。
3時間近く登りで時間を費やしました。(全部徒歩)
歩くの遅いんです・・・。

第一関門を、時間ぎりぎりで通過すると、2時間10分で13kmの登りを走らないといけないので、少なくとも私程度の走力のランナーでは、まず無理です。
その為、相当登りに自信がなければ、第一関門をどれだけ速く通過するかが勝負になりますね。

そして、三方岩まで関門時間に間に合えば、後はそこまで心配ないと思います。
ぎりぎり通過でも、ゴールまで28.2kmを4時間20分(かな?)で走ればいいので、ほぼ完走は見えてきます。
第三関門の時間もありますが、こちらはほぼ無視していいでしょう。
往路で下りだった2か所がかなりきついですが、距離短いので少しぐらいあるいても大丈夫。

三方岩過ぎてゴールできなかったら、まだまだ練習が足りなかったという事で、努力してまた参加すればOK。
(膝痛めたとか・・・、そういったトラブルは別で)

楽なコースではありませんが、その分ゴールできれば、達成感は抜群だと思います。
私は、丹後よりは制限時間にゆとりがあって楽かなと思いました。
(なんせ、復路の登りは全部歩けばいいので、その間に大分体力回復しました)
ですが、記録狙うには、結構厳しいかも^^;

後は、自分の頑張り処をどこに見出すかですね。
往路でも、登りをある程度歩いてしまっても、下りが得意な人であれば、一気に貯金ができると思います。
私は、とにかく第一関門を7時間30分までには通過することを目標に走って、ほぼその通りになりました。
(予定では、もう30分速くいくはずだったのですが・・・、無理でした^^;)

なお、普通にウルトラ100kmを10時間台で走れるような人は、私が書いたようなことは一切無意味^^;
もう、どう勝手に走っても完走できるでしょう^^;

今回、完走率はかなり良かったみたいです。
来年、100kmの制限時間を14時間30分とかにされたら、たまりませんね・・・。
心のゆとりがなくなりますから^^;
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント