FC2ブログ

白山白川郷ウルトラ レースそのいち

さて、白山白川郷ウルトラマラソンのレース内容です。

現地には、3時頃には到着して気温10度程度の寒い中で待機。
少々お腹の調子が悪い感じなので、トイレはしっかりと済ませて、20分前ぐらいにはスタート地点に。
そして、朝の4時にレースがスタート。

まず、白川郷とは反対方向に距離調整で走るので、基本は下り坂。
なので、キロ6分半のいつものペースで走ります。

しかし、スタートしてからすぐにお腹の調子があまりよくありません。
スタート前に、水分もあまりとっていなかったので、エイドで水分補給も考えていたのですが、お腹の調子が悪くなったら困るのでパス。

最初の公衆トイレに入ろうかと思ったのですが、人が多く並ぶとロスが多いのでここもパスし、スタート地点まで我慢。
それにしても、こんな朝早くから地元の方々が応援してくれるというのはうれしいものです。
ランナーは、走っているから体暖まりますが、応援の方々は寒いでしょうに・・・感謝。

綺麗な夜空を眺めながら、快適なランをしていると10kmはあっという間。
ただし、若干大腿の疲労感を感じます。
出だしは快調だったのですが、ちょっと中盤以降は気になる脚の状態。
右ひざも、少し違和感を感じながらのランでした。

で、スタート地点まで戻ったら、早速トイレに駆け込み、一回目の大きいタイム・・・・。
ロスしてでも、ここで済ませておかないと、この後のペースに大きく響きます。
トイレ後は、エイドで早速水分補給にチョコレートの補給。

この後は、2か所の下りを除き、ほぼ登りのコースになります。
当初は走れるか心配だったのですが、とりあえず脚の状態も悪くないので、マイペースで走ります。

なお、今回のレース、トイレは完全に失敗しました。
レース最後まで、かなりトイレにお世話になって、これだけでタイムロスは20分あったと思います。言い訳になってしまいますが、丹後ウルトラ以降ずっと胃腸の調子が良くなくて、今回のウルトラまで回復してませんでした。

今回、楽しく走れたおかげか時間がたつのが早い。
あっという間に、一里野まで到着し、エイドで美味しく固豆腐を食べます。
そして、宿泊地の岩間山荘で、女将さんに挨拶して先に進みます。

その先で、ふと去年の珠洲ウルトラの後半一緒に走ったAさん、どこかで会うかな~と思っていたのですが、坂道で珠洲ウルトラのTシャツを着た、なんとなく後ろ姿に見覚えあるランナーが一人。
もしかしたらと思いつつも、ゼッケンの名前を見るまでは声がけはやめ^^;

前後行き来しながらも、確定できないのでそのままスーパー林道に突入。

林道内でトイレに行っている間に、先に行ってしまったのが見えていたので次のエイドで本人確認を・・・と思い、エイドに到着。
で、その結果は・・・。

と、引っ張るほどでもありませんが、長文になるので次回にでも^^;
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ほんとに先に行ってすみませんでした。すごく調子がよくて全然どこも痛くなかったのでついとばしちゃいました。最後のエイド2キロのところで、20代のことずーっとデッドヒートして最後はダッシュでゴールしちゃいました。スーパー林道を超えてからの2つ位の上りも、結構楽に登れました。三方岩で20分以上休憩したのが良かったのかもしれません

Re: タイトルなし

> ほんとに先に行ってすみませんでした。すごく調子がよくて全然どこも痛くなかったのでついとばしちゃいました。最後のエイド2キロのところで、20代のことずーっとデッドヒートして最後はダッシュでゴールしちゃいました。スーパー林道を超えてからの2つ位の上りも、結構楽に登れました。三方岩で20分以上休憩したのが良かったのかもしれません

いえいえ、本当に先にいってもらってOK。
完全に脱落した私に付き合っていたら、せっかくの記録がでなくなりますからね。

それにしても、20分休憩しても追いつかなかったということは、登りで相当差がついたみたいですね。
残り6Kmなって、やっと復活したのですが、くだりもボロボロでしたよ^^;