FC2ブログ

白山白川郷うるとら そのさん

夜勤明けの日は、帰宅して寝転がったら即落ち。
気づいた瞬間、夕方でした。
夜もすぐに寝て、本日に至ります。


さて、白山白川郷ウルトラも後半。

第一関門過ぎてから、歩いてAさんに追いつくこともできません。
料金所のエイドで待っていてくれたのですが、そのあともすぐに離れてしまい、十数キロを延々と歩きます。

途中、色々な方と話ながら登っていったので飽きなかったですが、一回も走ることなく先が見えない登りを、ガーミンを見ながらひたすら歩く・・・。

三方岩の駐車場がみえても、そこから数キロあるので本当に長い道のりでした。

駐車場についたのは、14時10分ぐらい。
関門時間まで30分あったので、十分余裕がありました。

ここまでくれば、後はほぼ下り。
飛ばしていきたい・・といいたいのですが、キロ6分30秒ペースが精いっぱい。

エイドで補給・トイレの繰り返しで、今度は延々と下っていきます。
70キロも超えると、下りでも結構辛いのですが、登りよりはマシってものです。

特に何もないので、ひたすら走りあっという間に90キロ過ぎ。
いつもなら、とっくにハイ状態になってペースを取り戻すのですが、まだダメダメ。

ただし、残り6kmになってから復活。
ペースも、キロ6分30秒ぐらいまで戻り、一か所登りを歩いただけで後はいいペースで、他のランナーも抜きに入ります。

最後の1kmでペースが落ちてしまいましたが、何とか100kmの道のりをゴールし、13時間52分(だったかな?)でゴール。
丹後ウルトラ100kmからの二周連続ウルトラで、ゴールが心配でしたが、何とかゴールできて一安心。

応援、エイドの方々、そして宿の人まで歓迎してくれて、本当にいいマラソンの旅ができました。
これこそが、フルマラソンとかにはない、ウルトラならでの楽しみが満載のマラソンでした。

来年も、また参加してみたいです。
15時間あれば、完走は厳しくないです。
きついコースではありますが、それを帳消しにしてくれるぐらいの素晴らしいコース。
来年は、13時間切れるように頑張ってみますかね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント