FC2ブログ

6時間ほど

天気が怪しいとの事で、朝の4時に日光無線に行き、11時過ぎにサーキットをでた一日。

朝は路面もよく、なによりも久しぶりのハイグリップ路面。
ハイサイドまではいかないけど、37では走りにくく40を使用。

40だと、前後ライトブルーのバネでは曲がらないので、フロントだけパープルに変更。

なお、先日からスパーなめなめ病が発生していて、本日も2速が4枚ほどお亡くなりに。
悩んだ挙句、エンジンのフロントベアリングが壊れていることが発覚。

エンジンを別の使うことにより、直りました。

今日は、約一名ほとんど同じ時刻に来た方がいるのだけど、夜は仕事とかで、まあよくRCやるよといいたいです^^;

OS SPEEDのTZがぜんぜん回らないとの文句をいっていたけど、触らせてもらったらすぐにクラッチの締め込み量が足りないのがわかったので、最終的に何ミリしめたのかまでは知らないけど、後半はかなり回るエンジンに。

最近多いのが、高回転型のチューンドエンジンをそのまま、ノーマルと同じようなクラッチセットで使っていて、エンジンが回らないといってる人がいますが、もっと多めに締めこんで、パワーバンドにすぐに入るようにセットしないと、高い金だして使う意味がないと思ってます。

シリオのエンジンなんかもそうで、WCRなどはかなりの高回転型のエンジンなので、無限であれば標準のクラッチセットで、1mm近く締め込みしないと、エンジンが回りません。

本日も、少しずつ締め込みしながらおいしいところをさぐっていたのだけど、0.8mmぐらいが扱いやすさとパワーのバランスが、私にとっては一番いいところで、1.0mmぐらいまでくると加速もパワーもすごいのだけど、扱いにくさがでてくる。

最終的な締め込み量は、個体差があるので絶対はないけど、大まかな目安を参考に、個人個人で色々試していくといいと思います。

とりあえず、シリオEVO2WCRであれば、軽量ガルシューx4、締め込み量0.8mmぐらいからスタートしてもいいでしょう。
スプリングは、スーパーハードで。

ちなみに、TZ特有のパンチあるエンジンを味わいたい人は、OS SPEEDのエンジンは避けて、ZACやMSPEEDを選択したほうがよさそうですね。

パンチはないけど、コーナーリング全般のAVGをあげることができるのが、OSSPEEDのエンジンですね。

シリオにかなり似ているので、個人的に気に入りましたが。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント