FC2ブログ

まだ書いてなかった珠洲ウルトラネタ、最後です^^;

珠洲ウルトラマラソン、最後までの話です。
すっかり、書くの忘れてました^^;

自然休養村のエイドを出発すると、小さいアップダウンが数個続き、ラケット道路が待っております。
もう、坂は走ってませんので、少しでも坂道があると歩き・・・、そしてくだりが来るとゆっくり走るの繰り返し。

そして、ラケット道路がやってきました。
もちろん、全部歩きました・・・。
最初は走る予定だったのだけど・・・気力0.
でも、こんな坂でも結構走っているランナーの人が多いこと・・・。

そして、ラケット道路の上だったかどこか忘れたけど、エイドでオロナミンCが。
去年みたいに、ファイト一発!って言わないのですか?って聞いたら、色々言われたとか^^;
他のランナーも、同じ突っ込みしておりました。
(オロナミンCは、元気はつらつ・・ですからね)

下りに入ってからは、キロ7分も切れないペースで何とか下っていきます。
ただ、ここを超えても、まだ峠があります。
二つ目の峠も、当然ひたすら歩くのみ・・・だったのですが、ちょっとまえぐらいから少し元気がでてきました。
平地の足取りも軽くなり、ペースあげられるかも・・・・。
さすがに、厳しい登りは歩きましたが、平地と下りのペースはキロ6分半まで復活。

調子がいいので、このまま禄剛崎の激坂手前まで走り続けました(2~3kmぐらいかな)
やっとスイッチが入った~と思ったのですが、灯台までの坂道で、再びスイッチオフです・・・。

ここの坂、歩くだけでも精いっぱいです。
他のランナーも、文句ばっかり^^;
でも、みんな笑うしかない状態・・・、何この坂・・・と^^;

灯台から戻り、エイドステーションではミニカレーをいただきました。
ここで食事とれたのは、参加して3年目で初めてです。
今年は、人数が少なかったみたいですし、能登丼が食べられないと苦情もあったので、増やしたかな?

狼煙のエイドを出た後は、ゆっくりと走りながらゴールに向かいます。
峠を超えるのは、後2回。

去年と違い、時々歩きも入ってしまうので、時間を見ながらゴールを目指します。
途中のエイドでは、とん汁(だったかな?)をいただき一休憩。

そして、真っ暗になってしまった最後の小さい峠道では、途中で地元の方から、「本日とれたリンゴです」といって一個リンゴをいただきました(おいしゅうございました)。
去年は、ここは数人で一緒に走っていたので、最後まで走り続けられましたが、今年は一人。
思った以上に坂がきつく、大半歩きました^^;

最後下り区間に入れば、残り数キロ。
きついですが、残りはゆっくりながら走って、13時間20分でのゴール。
ゴール前の、数キロの直線区間が、結構長く感じられましたが、ウイニングロードだと思えばね^^;

去年よりは、30分ぐらい速いゴールにはなったものの、やっぱり撃沈でした。


来年は、もっと走れるようになってることでしょう。
ただ、来年は第四週に予定してるとか。
もしかしたら、久米島マラソンとぶつかる???
そうしたら、いったいどちらを選ぶのか・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント