FC2ブログ

ウルトラマラソンの振り返り

今日は、今年参加したウルトラマラソンの振り返りです。

フルはともかく、ウルトラマラソンについては、出すぎだと正直思いましたね^^;


宮古島ワイドーマラソン100km(完走) 13時間19分22秒
伊豆大島ウルトラランニング100km(完走13時間21分26秒
富士五湖ウルトラマラソン100km(完走)11時間55分36秒
知多半島ウルトラマラソン100km(完走)12時間 5分ぐらい
東尋坊愛の103kmマラニック(完走)  14時間26分59
柴又ウルトラマラソン60km(DNF) 40km地点にてリタイア
いわて銀河マラソン100km(完走)   12時間04分11秒
サロマ湖ウルトラマラソン100km(完走)12時間16分26秒
北オホーツク100km(完走)      12時間24分12秒
丹後ウルトラマラソン100km(完走)  13時間28分35秒
白山白川郷ウルトラ100km(完走)   13時間52分43秒
能登半島珠洲ウルトラ100km(完走)  13時間20分37秒
えちごくびき野100km(完走)     13時間08分36秒
南伊豆75kmウルトラマラソン(完走)  10時間32分25秒
木曽三川ウルトラマラソン60km(完走)  5時間54分49秒

全部で15レース出場。
リタイアは、柴又60kmのみ。

ウルトラマラソンですが、こちらもどの大会も甲乙つけがたいぐらい良い大会が多かったです。

運営からすべてトータルで考えると、えちごくびきの100kmは本当に素晴らしい大会でした。
人数が多いのだけが気になりましたが、ここまですばらしい運営していただけると、文句のつけようがありません。

個人的に大好きな大会は、東尋坊や珠洲ウルトラ。
東尋坊は、手作り感満載の大会、
至れり尽くせりではありませんが、エイドはなかなか素晴らしい大会。
珠洲は、まだまだ改良点はあるかなと思う大会なのですが、年々よくなってます。
能登半島の最北端という、アクセスが悪いのが難点ですが、コース的には面白い良い大会です。

コースがきついと思ったのは、丹後ウルトラマラソン。
白川郷の方が、累積標高も多いのですが、白川郷は登っていまえば、後は下り。
帰りも、登り終えれば、ほぼ下りしかないので、意外に楽です。
制限時間も余裕があります。
ただ、丹後は終始アップダウンが続くのと、要所に激坂があるので、ほんと辛い記憶が・・・。

気候で苦労させられたのが、サロマ湖。
平坦なコースなのですが、暑さに苦しめられた大会です。
制限時間も13時間なので、精神的ゆとりがないのも辛いです。

アップダウンがきつくても、思ったより楽だとおもったのが伊豆大島。
登り区間が長く、下りも長いと、登りを歩いてもくだりで帳尻合わせられるので、意外に完走しやすいですね。
ただ、3月開催なので、気候が難しいのと、山の上と下の気温がかなり差があるのもきついです。

来年は、少しウルトラマラソンは減らすつもりでいます。
その代り、フルマラソンに少し力を入れようと思っています。

○宮古島ワイドーマラソン
○沖縄TOFR
○伊豆大島ウルトラマラソン
○武庫川ウルトラ70km
○東尋坊103km
○いわて銀河

今決まっているのは、これだけです。
まだ、サロマは検討中。
北オホーツクと、白川郷、珠洲は出場すると思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント