FC2ブログ

今年のウルトラマラソンのまとめ1

最近ネタもないので、今年一年参加したウルトラマラソンが、どんな大会だったのか、
改めて、どんな大会だったかまとめてみました。

同じような事や、以前と評価が違うとか、あるかもしれませんが、色々大会でると評価も変わってきます。
もしかしたら、どんな大会だったかうろ覚えになってるかも^^;

一度に書くのも大変なので、宮古島・伊豆大島・富士五湖ウルトラをまとめてみました。

○宮古島ワイドーマラソン

1月に宮古島で開催される大会で、短い距離から100kmまで色々種目があります。
100kmは、制限時間14時間あるので、自身の無い方もOK。
この大会の魅力は、

・1月なので、温暖な気候の中でマラソンができます。
 昼間は、晴れると温かい(というより暑い)中で走れるので快適ですが、風が強い島なので風には悩まされるかもしれません。
 今年は、比較的穏やかでしたが、去年はかなり風が強かったです、というより強風。
 朝晩は、それなりに寒いですが、神奈川から比べたら、ぎり半袖でもOKです。
 なお、去年の大会は、終盤スコールと強風で、結構寒くなりました^^;
 服装は、ある程度天気に対応できるようにしておいが方がいいかと思います。
 
 コースについては、100kmだと、島を一周するのですが、景色は抜群によかったですね。
 橋の上から、エメラルドグリーンの海などが見れますが、最高です。
 坂は、60km過ぎから終盤にかけてアップダウンが増えてきつくなりますが、ウルトラの中ではそこまでひどい坂道ってわけでもないです。 
 ですが、東平安名崎あたりからのアップダウンは、終盤だけあってそれなりにきついと思います。
 コースについては、案内もあるのと、信号の所は人がいるので、安心して走れます。
 信号は、ほとんどないです。

 アクセスについては、沖縄からさらに飛行機で40分(ぐらい?)なので、決して良いとはいえません。
 旅費は、ピンキリで、会場近くのホテルや、豪華なホテルだと、それなりの金額になります。
 安いホテルや、個人的に安い所が確保できるなら、6万弱で十分足りると思います。 
 去年から参加してますが、今の所飛行機がとりにくい、宿がとりにくいといったことはありません。

 それと、エイドステーションについては、数としては十分だと思いますが、補給食はいまいちかな・・・・。
 水分は十分あるとは思いますが、暑さが苦手な人は、小銭はもって自販機で補給できるようにした方がいいと思います。
 前半、補給が少ないので、私は持参した食べ物でしのぎました。
 
 トイレについては、参加人数が、まだそこまでは多くないので、十分あるかなと思いました。
 やはり、前半は若干トイレは混みますが、人数が人数なので徐々にばらけて、20km過ぎぐらいからはストレスなしでした。

 ライト等の装備については、朝の5時スタートなので、真っ暗の中で走ることになりますが、最初のうちは各所でライトが設置されているので、私としては持つ必要はないかなと思いました。

 後、島の移動は、一応シャトルバスがあるみたいなので、問題ないのかもしれませんが、レンタカーが有った方がいいかなとおもいます。


 全般的には、1月でウルトラが走れる貴重な大会なので、参加できるならおすすめします。

 参加賞は、Tシャツと塩をもらったかな・・・確か。
 後、完走メダルもあります。

 ちなみに、前夜祭とか後夜祭については、参加したことないので、評価できません^^;


○伊豆大島ウルトラランニング

 伊豆大島を走る、ウルトラマラソンです。
 フルマラソン、58km、100kmの3つの種目があります。

 伊豆大島は、東海汽船か神新汽船、もしくはANAで行くことができます。
 高速船だと2時間かからないですし、大型客船だと前日の夜から移動になるので、100kmや58kmの人は、前日移動では大会に参加できないです。

 開催日が土曜日なので、金曜日移動で日曜日帰宅というのを、基本的なスケジュールで考えた方がいいです。
 当然、速い人であれば100kmでも、走った当日に帰宅は可能です。
 58kmが、当日に帰宅するには、一番楽な種目だと思います。(スタートが100kmと一緒ですので)

 なお、宿泊施設が限られるので、早めに個人的に確保できなければ、大会で斡旋してもらうことになるのですが、一人部屋が確保できるかはわかりません。
 相部屋を覚悟していた方がいいかもしれません。
 個人で確保した場合は、マラソン当日に会場まで送迎してくれるかどうかまで、確認が必要です。
 ですが、島の基本として、朝早くても送迎してくれますので、多分・・・大丈夫です。

 コースについては、基本的にほとんどアップダウンオンリーとなります。
 58kmと100kmについては、三原山も登りますので、かなり坂がきつくなります。
 フルマラソンも、島の外周一周で、アップダウンはかなりありますので、覚悟が必要と考えてください。
 ただ、フルは制限時間が10時間で、事実上制限時間が無いような感じですので、完走は楽かと思います。
 全部歩いても、間に合いますね。
 車が少ないので、コースは走りやすいですし、信号もほとんどないので、引っかかってタイムロスもほとんどありません。

 エイドについては、補給食については十分あると思います。
 なので、何も持参しなくても、ハンガーノックになることはないと思います。
 飲み物については、自販機も途中にあるので、色々味を変えたい人は、小銭持参ですね。
 トイレも、要所にしっかりとありますので、心配ありません。

 服装については、とにかく風が強いと体感温度がかなり低くなるので、3月という開催時期でも、ウィンドブレーカーや、雨が降った時を考えて、撥水のコートだとか、準備はしっかりとした方がいいです。
 山の上と下でも、温度差が激しいので、58kmと100kmの人は、寒さに弱い人は準備を忘れずに。
 ライトは、いらないと思います。 
 5時スタートで、少し走るとすぐに明るくなります。

 それと、ゴール会場から少しだけ離れたところに温泉がありますので、参加者は利用券もらえたような気が・・・。
 なので、走ったら温泉でゆっくりも可能です。
 ただ、当日帰る人や、遅いゴールの人は、どうなんでしょうか・・・^^;

 制限時間は、100kmで14時間、58kmが8時間だったかな。
 自信なければ、58kmからの参加でもいいと思います。
 
 参加賞は、Tシャツありませんでした。
 なんか、島の特産品や、変なサプリが沢山もらえます。
 完走メダルは、新島硝子でできた、結構良いメダルをいただけます。

 前夜祭は、元町港で太鼓の演奏や抽選会がありました。
 飲食のパーティはなかったです。


○富士五湖ウルトラマラソン

 今年初参加の大会でした。
 71km、100km、112kmと3種目になります(今年は、118kmになるのかな)
 
 富士北麓公園をスタートし、山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖と走るコースとなります。
 (距離によって、行かない所がありますが)

 アクセスについては、車でしか行ったことがないので、ほかの手段は可能なのかな??(調べてません^^;)
 一番長い距離の人は、スタート地点に車を置けますが、ほかの人は離れた場所に車を置いて、シャトルバスでの移動となります。

 コースですが、基本的に観光地を走ります。
 なので、日が上がってくると、車も多くなりますし、道も狭い所を走るのが多いので、人数が多いのもあり走りにくいかなと思います。
 人数が多いので、ランナーのマナーの悪さも、かなり目立ちます。
 信号も多いので、交通ルールをしっかりと守れるかどうか、ランナーの資質も問われますね。
 河口湖から山中湖の間は、狭くて走りにくかったです。
 
 アップダウンは、正直私としては多くなくて、楽なコースに感じました。
 ただ、最後の北麓公園に戻るときに、長い激坂が待っているので、時間ぎりぎりランナーは注意が必要です。

 エイドステーションについては、菓子が多かったかなと思います。
 賛否両論でしたが、私としては非常に満足する中身でした。

 エイドの批評が多かった大会ですが、観光地でもあるので、コンビニや売店など至る所にあります。
 小銭持参していれば、どこでも好きなもの補給できるので、気になる人は、金もって走りましょう。

 気温については、今年は冷え込んだおかげで、気温0度で小雨のスタートでした。
 正直、相当寒い中でのレースとなります。
 防寒対策は必須ですが、年によっては、昼はかなり温かくなるらしいので、朝昼夜の寒暖差に対応できる準備は必要ですね。

 参加賞は、アーリーエントリーはTシャツあったみたいですが、私は無し。
 完走メダルはいただけます。

 それと、宿については、河口湖周辺だけで考えると、安い宿が少ないですが、車であれば御殿場あたりも宿泊地として利用すると便利です。

 前夜祭等・・、参加してませんので知りません^^;
 というか、あるかどうかも覚えてません^^;  

 来年は、118kmという長めの距離がありますが、制限時間が15時間なので、かなりきついかなと思います。
 100kmや71kmの方が、時間のゆとりもあるので、おすすめです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

大会レポの

情報有難うございました。
自分は宮古島と富士五湖に出場します。

Re: 大会レポの

宮古島は、来年も参加しますが、富士五湖は残念ながら不参加です。
118Kmとか興味あったのですが、掛川新茶マラソンは外したくないので、そちら優先です^^;

来年は、名護や石垣島でもウルトラマラソンが開催されますし、どんどんウルトラが広がっていきますね。