FC2ブログ

宮古島ワイドーマラソン レースその2

宮古島ワイドーマラソンですが、運営でいうと、そこまで素晴らしい大会というわけでもありません。
でも、温暖な地で1月にウルトラを快適に走れるという利点。

それと、エイドの質はともかく、序盤以外は、ほぼ2.5km毎にエイドがあります。
ここまでエイドの数が多い大会は少ないので、私にとっては大助かりです。
準備される給食に頼らない私にとっては、エイドの質より数の方が重要です。

なので、結構評価が厳しい大会ですが、私にとっては非常に良い大会です。


さて、宮古島ワイドーマラソンも、順調に50km走ってきましたが、疲れていないわけではありません。

さすがに、エイドから出発するときは脚が重かったですが、ここは少し気合いれてペースを上げます。
フルマラソンでもそうですが、折り返しなどで一旦ペースが落ちた後は、意識的にペースあげるようにしてます。
でないと、そのあとのリズムがつかめないので。

で、宮古島のコースですが、平坦コースは50kmのエイドを過ぎて、コースを左に曲がるまでです。
そこからは、アップダウンの繰り返しが始まります。

ここまでのペースは、ほぼキロ6分30秒AVG。
この先のペースダウンを考えると、上出来です。

そして、ここのコースの後半のポイントは、まずは比嘉ロードパーク地点ぐらいですね。
もともと、高い山はない島ですが、だらだらとした長い坂が結構増えるので、後半はどんどん疲労がたまっていきます。
去年は、69キロ地点ぐらいで心が折れてしまいましたが、今年は決して歩かないを目標。

そして、今年はモチベーションが少し低かったといいえ、去年のめちゃくちゃなスケジュールが功を奏したのでしょうか?
フルマラソン2日連続に比べたら、60km過ぎても対して辛くありません^^;
キロも、坂があると7~7分30秒ペースまで落ちますから、これであれば余裕です。

坂道は休憩区間と思ってゆっくり走れば楽勝。
それでも、ながーーいダラダラとした坂はきついです。
おまけに、気温が上がってきたので、エイドでは頭から氷水を浴びて冷却です。

後は、とにかく心が折れないように、淡々と確実に走っていくのみ。
時々、東平安名崎の距離の看板をみると、まだ○○キロかぁ・・・と、少々気が滅入りますが我慢。
それと、今年はペースが良いせいか、歩いている人も非常に少ない。

ただ、さすがに70kmを過ぎてくると疲労が・・・。
エイドで、軽い一休みしてから、次のエイドまで頑張るの繰り返しでひたすら進み、東平安名崎の入口までやってきました。

ここで、ハーフのスタートの人たちが一斉に走ってきました。

一緒にワイドーマラソンに走りに来た相棒ともすれ違い、何とか追い抜いてみせるぞ・・・と気合を入れて再出発。

ということで、残りは後日に^^;
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント