FC2ブログ

東尋坊の反省

東尋坊のレースを終えて数日、まだ疲労の抜けが悪いです。

特に、神経痛の影響がでかく、右足の感覚がかなりおかしいです。
大分悪化して、体に影響がでているので、この先のレースが若干心配ですね。
いわて銀河までには、完治は無理なので、完走に支障をきたさないレベルまでには復活してくれるといいのですが・・・。

で、先日の東尋坊マラニックですが、若干厳しい評価ですが、基本的に良い大会です。
毎年、細かい所の改善が見られますし、多人数ではない小さい大会ならではの良い所が盛りだくさんだと思います。

そして、レース全体の展開として、やっぱりキロ6分弱で走るのは、私の実力からすると、改めて無謀だなと実感です。

信号待ちの展開も含めて、前半はキロ6分45~50秒AVGを目安に、中間の折り返しポイントに着くようにすればよかったと思います。

今回は、50キロで大分疲労を感じてましたが、同じレベルの疲労感は、65~70キロぐらいからくるようなペース配分が理想でしたね。
残りの距離が、30km弱であれば、何とか頑張ろうという気力になるのですが、残り50kmとなると・・そうもいきません。
メンタルが特に弱い私の場合は、後半戦の気力がどのぐらい残るかというのも考えないとだめですね。

いわて銀河マラソンでは、中盤過ぎぐらいが登りのピークとなります。
なめとこラインに入ってから、勾配も徐々に厳しくなってきますが、それまでは緩い坂がメインで、たまにそこそこの坂道があります。

展開としては、なめとこラインまでは、6分45秒~50秒弱。
トンネル超えて下りに入るまでに、7分5~10秒弱。
そこから復活して、終盤にキロ7分AVGでゴールできれば、11時間台には入ります。
もしくは、前半は7分10秒AVG越えぐらいのスローで入って、後半頑張るという手もありますね。

とにかく、前半で貯金を作るというよりは、後半に向けてスタミナと気力を残すレース展開をしたいとおもいます。
キロ7分11秒AVGでも、11時間59分でゴールできます。

自分の実力を考えて、次のレースに挑みたいですね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント