FC2ブログ

珠洲ウルトラマラソンのレース内容(いまさら^^;)

今更ながら、今年の珠洲ウルトラマラソンのレースの話でも。

いつものごとく、スタート前はスクリーンにムービーが流れます。
自虐的な珠洲市のネタに、今までの簡単な珠洲ウルトラマラソンの内容を編集して、ウケが良かったですね。

そして、レースは5時にスタート。


今年の最後のウルトラマラソンなので、とにかく12時間以内を目標に気合いれて走ります。
スタートから、しばらくはキロ6分弱で順調。

多少のアップダウンを繰り返しながら、8キロ弱で軍艦島に到着。
第一回では、ランチパックが配布されていたな~と思いだしながら、トイレ&水分補給で折り返しです。

折り返し頃には明るくなっているも、今年は寒かったのでウィンドウブレーカーは脱がずに、そのまま走ります。

珠洲市内まで折り返してくると、20km弱で60kmと100kmの分かれ道。
ここで、補給食として持っていたチーズケーキバーがあったのですが、パサパサして飲み込めない。
一度吐きそうになりながら、水で無理やり押し込みます。
食べなきゃ持ちませんので、とにかく食べます。

分岐点からは、とうとう登りが始まります。

最初は、八太郎峠。
登りくだりを繰り返しながら、徐々に標高が高くなっていきます。
最高地点は、200m弱とさほど高くないのですが、30km過ぎぐらいから、一気に坂道が急になります。

今年は、ここで歩いてはダメだと思い、当然走ります。
ペースは、八太郎峠で落とすつもりだったのですが、7分切るペースで非常に順調。
なので、このままいくことに決定。

下りに入ってかは、キロ5分に一気にペースアップ。
経験上、前半から中盤の下りで飛ばしても、終盤にさして影響ないので、稼げるときは稼ぎます。

なお、26kmの計測地点で、2時間45分50秒。
キロ6分22秒AVG。
そこそこ順調。

八太郎を下り、町野エイド(かな?)。
今年から自分エイドがあり、飲食分を置いておけます。
ここでも、置いておいたジェルを受け取り。
次の、舟木谷峠を超えます。

こちらの峠は直ぐに終わるのですが、勾配が意外にきついです。
まだ往路なので元気ですので、順調に走ります。
下りに張ってから、またペースアップ。
そして、ここらあたりから折り返した選手がちょくちょく現れます。

43km地点の、名舟エイドではカレーライスをいただきます。
腹が減ってきていたので、ちょうど良い補給。

なお、ここまできて若干疲れは出てくるものの、まだまだ元気。

42km地点(記録では42kmとなってますが、多分45km)の折り返しで、4時間33分29秒。
キロ6分4秒AVGとなってますが、多分距離違うと思われます。
多分、44km地点だと思うんですけどね。

折り返し、舟木谷峠に突入するも、さすがに坂道がきつい。
でも、ここで歩くと後々響くので、今年は絶対に歩かないを目標。
去年はここで歩いて、後半ズルズル落ちました。

町野エイドに戻ってきてから、預けておいたレッドブルを、エイドで氷をもらい冷やして飲みます。
いやぁ~、これは元気でましたね。
味変、そしてレッドブルを飲むという行為で元気がでました^^

元気がでたら、すぐに出発。
海沿いに向かい内地を数キロ走れば、すぐに日本海側に突入します。

58km地点の曽々木エイドに到着するも、パスタが無い。
諦めて出発した時に、パスタでてきました・・・食べれませんでした^^;

58km地点 6時間7分14秒 6分19秒AVG


珠洲できついのは、ここから。
海岸沿いですが、ラケット前までも、小さいながらもアップダウンが続きます。
平坦ではないので、これが思った以上にダメージが蓄積されます。
今年は風で悩まされませんでしたが、去年は大変でした。

63km塩田村エイドでは、塩味の芋があったので大変おいしくいただきました。
甘いものに飽きてきたので、塩分が非常にありがたい。

そして、最初の難関が63km~69km地点。
この間は、エイドがありません。
景色も変わらずで、非常に辛い区間。
中間に、水だけでもいいのでエイドが毎年追加されないかと思ってるのですが、されません^^;

途中施設エイドがあったおかげで助かったのですが、ここで一度気持ちが切れました。

メンタル的にきつくなり、とりあえず落ち着くまで徒歩。
数百メートルほど歩きましたが、何とか走りだすことができました。
ここで歩いたら、12時間切りは難しいのと、この先どこまで気力が続くのか心配に。
ここらあたりから、大分時間を気にしながらのラン。

ともあれ、大谷峠エイドに到着し、一休みしてから再度出発。
大谷峠のループ橋から先は、珠洲トライアスロンのバイクコースを逆走で走っていきます。
道はわかるとはいえ、ランだと時間がかかるのできつい。

とりあえず、自然休養村のエイドまでは気力で到着。
ここで、少し長めの休憩(といっても、2~3分いただけですが)
グレープジュースがあり、あまりにも美味しくて何杯もお代わり。
お腹タプタプになりました^^;

73km 8時間5分24秒 6分38秒AVG
少しずつ遅れてきました。

珠洲の一番の難関はこれから。
73km地点過ぎると、短いながらも勾配がきつい坂が何度か現れます。
今年は、ラケット道路も走りきると決めていたので、我慢して走ります。

そして、とうとうラケット道路に到着。
最初は頑張って走ったのですが、道路の勾配11度の表示をみた瞬間に、心折れました^^;
ということで、とうとう歩き・・・、1キロ弱とはいえ、結構なタイムロスになります。

上まで登ると、名物オロナミンCエイドに到着。
名物、オロナミンCお兄さんの登場です。
第一回で、「ファイト一発~」と言っていたのをきっかけに、第四回になってもいじられてます^^;
オロナミンCは、「元気はつらつ~」ですから^^

とまあ、ここで補給してから少しで下りになるので、一気にペースあげます。
さすがに、キロ5分台とはいきませんが、6分弱ではいけているので頑張れる所は気合いれます、

次の目標は、狼煙。
そこまで、アップダウンもあり、きつい坂は全部歩きました^^;
が、下りで走る戦略で何とか狼煙に登場。
灯台の往路の坂は、とにかくきつかったですが、下りだけは走って、狼煙エイドに到着です。
ここでも、少し一休憩

86km 9時間51分34秒 6分52秒AVG

12時間以内は見えてきましたが、さすがにゆとりがなくなりました。
ここから先は、もう歩いたら無理かも・・・という状態。

気合いれなければ、と思ったのですが狼煙を出てすぐの峠は走れず・・・やはり徒歩。

でも、登ってからは気合入れました。
ここから先は、一切歩きは無し。

92kmエイドに到着し、トン汁ワンちゃんを眺めながら、トン汁を一杯いただきます。
食べたらすぐに出発。

もう、いつでも歩きたい気分・・・、でもここで頑張らず12時間切れなかったら後で後悔すると思い、とにかく走ります。
が、ゴールタイムを逆算しながらも、非常に厳しい状況。

途中歩くランナーに声をかけながら、自分も坂道で歩かず走ります。
常に時間と距離をにらめっこ状態。

それでも、何とか100km地点には到着。
100km 11時間42分21秒 7分1秒AVG

この時点で、やっと12時間以内は達成できると確信。
後は、どれだけタイムを縮められるかだけです。
が、さすがに安心した気持ちもあり、残りの2kmは無理せず、ゆっくりと走り102kmゴールです。

11時間56分33秒。

決して楽とはいえない珠洲のコースで、12時間切り達成。
11時間台は、今年最初の宮古島に続いて2回目。
他の100kmは、惨敗続きだったので、非常にうれしい結果となりました。

ただ、ゴールしてからすぐに駐車場行のシャトルバスが出る時間だったので、速攻で荷物受取してシャトルバスに乗り込み。
ゴールでゆっくりする時間はありませんでした^^;

ウルトラマラソンは、とにかく自分が走る切るという気持ちが一番大事というのを実感したレースです。
脚は残っていても、気持ちが続かなければ走り切ることはできません。

次回、宮古島ワイドーマラソンでは、この気持ちを維持しつつ初の10時間台を目指したいと思います。
非常に厳しいですが、年始はレースもほとんど無く、体調も整えやすい状況です。
気候さえ味方してくれれば、もしかしたら達成できるかも。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント