FC2ブログ

大井川港トライアスロン内容

第11回 大井川港トライアスロンから、何とか帰宅しました、

今年も、暑い中でのハードなレースでしたが、無事に終了。
タイムだけは、前日書きましたが、わずかながら去年の記録も更新できました。

ということで、レースの内容でも。


○スイム
毎年、ここだけは苦手なセクション。
ほぼ一年ぶりなので、やはり緊張。
15分前に入水するも、緊張で心拍数が高い。

ライフセイバーのボードにつかまり、落ち着いてから何度か泳いで、ほぼ心拍も落ち着きました。

今年は、巨大な浮輪(というより、ボード??)みたいなものは設置してなく、ライフセイバーのボードのみ。
つかんで、スタートを待つも、入水の遅れで、数分遅れでスタートの事。

で、レースがスタート。
750mのコースを、2周回。

今年は、ロングジョンタイプなので、非常に腕が回しやすくて泳ぎやすい。
ただ、フォームは落ち着きがなく、ウェット着てるのにお尻が落ちてます。

が、とりあえず泳ぎます。
バトルもほとんどないのですが、一回目の右ターンを過ぎたあたりで、ゴーグルに平手打ち食らいました。
で、海水も入ってくる始末・・・(--;

我慢して泳ぎますが、今年は何年も使ったゴーグルで傷も多く、透明度も悪くて先がよく見えない。
やはり、買い替えた方がよかったと後悔。

仕方ないので、ほかの人が泳ぐ姿を確認しながらコースを確認。

一周目は人が多かったのでまだよかったのですが、2周目は大分ばらけてしまい、ほかの人を発見するのが難しい。
たまに追い抜く人を目安についていきます。

そして、2周が終わり、やっと上陸。
タイムをみると、35分ぎりぎり切った状態。

そのまま、トランジションに向かうも、大分脚がフラフラ。
ウェットスーツの上は速攻で脱げましたが、下が脱げない。
かつ、ヘルメット装着に、ナンバーベルト取り付けにも時間がかかる。
20~30秒ぐらいは、タイムロスしたかと思われます。

○バイク
最初の埠頭エリアは、道が悪く一部追い越し禁止区間もあるので、ペースが上げられません。
いきなり、かなり遅い人が前を走っているのですが、追い越ししてはいけないので、我慢するしかありません。
20km/h出てるかでてないかだったので、かなりのロスです。

で、追い越し区間過ぎてからは飛ばします。

リバティに出てからは、只管ペース上げるのみ。

1周目、ペースがあがるところは38km/h程度のペースで楽に走ります。
今回、40km/hぐらいまでは上げられたので、ここがやはり勿体ないと後で思いました。

ただ、上げられる区間もあれば、どうしても向かい風区間ではペースが落ちます。
2周目は、若干疲労感じたため、ランを考えてペースを落とし気味。
これも、ショートだったらもうちょっと追い込むべきだったと反省。

3周目は、残り少ないので、ペースアップ。

バイクは、やはり一番得意なセクションなので、あっという間に終了。

ランに突入

○ラン
出だしから最悪。
とにかく、強烈に脚が重くて、まったく進みません。
最初の1kmは、5分18秒という遅さ。
そこからみるみる落ち込んでしまい、2周目にはキロ6分を軽くオーバー。

ペース上げたくても、どうにもなりません、本当にペース上げられません。

それでも、最後の2kmを切ったあたりから、少しずつペースが回復し、キロ6分切り。
最後の1kmは、5分20秒まで復活。

時計みながら、50分切れるかなと思ったのですが、44秒足りずに、50分切りはできませんでした。

○ゴール後
ゴール後は、とにかくフラフラ。
冷たいドリンクが沢山用意されているので、何杯飲んだのかわかりません。
只管水分補給、30分ぐらいはそれでもフラフラしてました。


今回のタイム
2時間50分44秒
総合115位 完走者274人

スイム 34:55秒 245位
バイク 1時間17分13秒 47位 
スプリット 1時間52分08秒 106位
ラン 58分36秒 134位

でした。
ランが遅かったのですが、順位的にそんなに悪くなかったです。
みなさんも、大分苦戦したのかもしれません。

今年は、バイクがそこそこいい所行けたので、とりあえず満足。
ですが、後2分は縮められます。
(ただし、そのあとのランは保証できません^^;)
来年は、バイクは1時間15分をめざす(トランジション除けば、1時間11分ぐらい)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント