FC2ブログ

今週末は珠洲です

今週末は、第五回 能登半島すずウルトラマラソンです。

今年で、5年連続の出場、そして3年連続完走中です。
(DNSは、第一回のみ)

今年は、壱岐ウルトラマラソンで再発した神経痛が悪化しているので、完走できるかどうか不安の中での出場になりそうです。
現在、練習でも10キロ弱で、臀部がかなり痛むので、終始痛み止めを服用しながらのランになりそう。
痛みも、我慢できる程度でおさまるかどうかが一番重要かな。

去年は、過去最高の11時間56分でゴールできました。
今年は、さらに記録更新といきたいのですが・・・、現状では13時間半前後と予想。

ただ、ここのコースは、時間ぎりぎりでゴールになると、終盤の山の中を真っ暗で走ることになるので、できたら明るいうちにゴールしたいですね。
本当に暗い中走るので、一人になると、結構怖いです。

で、毎年書いているかもしれませんが、ここのコースの攻略を。

まず、朝は真っ暗の中走りますが、ライトは不要だと思います。
ただ、終盤は真っ暗の中を走ることになるのであれば、ライト用意した方がいいですね。

後、36km、54km地点で、自分エイドとして荷物預けることができます。
とはいっても、返却されないので、食べ物とかを置いておくことができます。

結構便利で、私は去年はジェル類とレッドブルを預けておきました。
エイドに氷もあって、冷たい状態にしてドリンクも飲めたので、活用するといいです。
荷物も減らすことができます。

コースのアップダウンですが、最初の20kmはほぼ平坦ですが、以降はアップダウンが増えます。

後半海岸線沿いにでると、しばらく強烈な坂はないですが、緩やかな坂が延々と続くので、意外と辛い。
塩田村エイドから大谷エイドは、6km区間何もないので、ここは小銭とか持って、自分で自販機で給水するといいと思います。
結構きつい区間です。

ラケット道路からは、3つ山を越えないといけないので辛いですが、頑張るしかありません。

コンビニとかは殆ど期待できませんが、道の駅ではご当地ソフトクリームとかもあるので、余裕があれば立ち寄って補給するといいかも。
食べ物も、エイドで補給できるのでさほど心配する必要ないでしょう。

が、ドリンクは例年通りだと、アミノバリューと水がメインなので、味変がないと厳しいので、やっぱり小銭は持参がベスト。
(要所で、炭酸ジュースが補給できます)

制限時間14時間ですが、実質102キロ(103kmだったかな?)あるので、ゴール時間は注意しましょう。
歩けば、20分はゴールタイム変わりますので。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント