FC2ブログ

沖縄ウルトラマラソン前半

第一回 沖縄ウルトラマラソンのレース内容です。

レース当日は、宿を2時20分頃に出発。
旭橋駅からシャトルバスが出るのですが、思った以上に早く着いてしまいしばらく待つことに。

3時には駅を出発し、30分前後でスタート会場に到着。

風が強く肌寒いですが、我慢できないわけではないので、薄手のウィンドブレーカーを着て待機。

レースは、5時にスタート。

沖縄の朝は遅いので、暗い中のスタートですが、そこまで暗くはないのでライトがなくても走れます。
走り始めると、すぐに暑くなります。
向かい風も強烈、そしてトイレもすぐに行きたくなって、数キロ走ってすぐにトイレタイム。

最初の10km弱はほぼ平坦なのですが、いきなり強烈な勾配の坂がやってきました。
いきなり周りの人が歩くぐらい強烈でしたが、とりあえずゆっくりで走ります。

コースは、海岸沿いが基本ですが、少し内陸に入っては海岸沿いの繰り返し。
小刻みにアップダウンがありますが、とにかく要所で勾配のきつい坂がやってくるのが、沖縄マラソンの特徴ですね。

ペースは、6〜6分半ぐらいで走っているのですが、お腹の調子が悪くて、何度もトイレに駆け込みしているので、6分40秒弱のAVGでの走行。

平地はさほどでもないのですが、上り坂がとにかくきつい。
ちょっと前まで、ガッツリとトレーニングした影響が完全に残ってました。
もう少し、体休めておいたほうが良かったと後悔^^;

気温については、さほど高い感じはないのですが、お天道様が出てくるとやはり暑い。
ただ、曇ってくると快適。
たまに、小雨もありました。
ですが、エイドステーションが短い間隔で設置してくれているので、水分補給は困りませんでした。
一箇所だけ、紙コップがきれたエイドがあったのですが、少し先の折り返しのエイドで補給できたので助かりました。

前半きつかったのは、平和祈念公園前後。
ここが、前半で一番アップダウンがきつかったところだと思います。
他の大会と比較して、そこまで凄いわけじゃないのですが、序盤に平坦区間が長いと、少しの坂でもきつく感じます。

公園をすぎて、喜屋武岬近くにくると、沖縄TOFRで走ったコース。
ちょっと懐かしさを感じながら走り、那覇マラソンのコースにも出て、糸満役所までやってきて折り返しです。

エイドでは、水分補給と預けていたエネルギージェルを受け取ります。
レッドブルも預けていたのですが、エイドでエナジードリンクが置いてあったので、たっぷり飲んでレッドブルは飲みませんでした。

少し疲れてきましたが、後半戦スタートです。


前半走って感じた事は、エイドが多いので、水分補給についてはエイドだけでも十分。
スポーツドリンク、水、コーラーが主体ですが、飽きがきになる人は、小銭持って自販機で好きなドリンク補給したほうがいいでしょう。
自販機は、途中沢山あります。
補給食については、あまり食べるものは多くない印象でした。
私は、ジェルだけで十分なので問題ないですが、気になるなら小銭持って、コンビニで好きなもの補給したほうがいいですね。

後は、序盤の歩道区間が走りにくいですね。
段差よりも、ポールが設置されているので、これに何度もぶつかりそうになりました。
路肩走る人も多かったのですが、理由がない限り、基本は歩道を走るのが大切。

それと、信号無視する人も、多数見かけました。
ルール守らなければ、大会開催にも影響が出ますから。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント