09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

珠洲トライアスロンのコースを少々 

珠洲トライアスロンも、週末に迫ってきました。
今年は、金曜日が夜勤明けとなるので、仕事終わってから一眠りして車中泊で現地に向かいます。
毎年のことですが、夜勤がなければ昔みたいに、和倉あたりで一泊したいですね・・・。

そして、毎年書いているかもしれませんが、珠洲トライアスロンのコースを少々。

●スイムコース
遠浅のコースとなってます。
結構先まで足が付きます。
一旦深くなってから、また浅瀬になっており、その先は深いです。
ここのコースは、最初から最後までコースロープが張ってあるので、心配でしたらロープ沿いに泳ぐのをオススメします。
何かあった時に掴まれますし、休むこともできますので安心して泳げます。

波の高さは、天気によって変わりますが、去年は結構波が高かったです。
Aタイプの人は、朝早いので比較的穏やかな波でスタートできることがおおいのですが、Bタイプの人は、そこそこ波がでてくるので泳ぎにくいかもしれません。

●バイクコース
珠洲のバイクコースは過酷と言われます。
が、それも数年前までの話です。
みんな口を揃えて、最後の大谷峠の旧道の激坂がきついといってましたが、実際にはループ橋ができる前の前の坂の方がよっぽどきつかったです。
峠は3箇所。
それ以外は、多少の坂道ありますが、ほとんど平坦なので結構なスピードコースです。

最初の峠も、最初は少し登って、下ってコーナーが続いた後に、登りがやってきます。
ここで、スピード落とさず、一気に坂を登っていけは、半分ぐらいは惰性で峠制覇できます。
事前にコースの下見をしておいて、攻略立てておいたほうがいいでしょう。
大谷峠からのダウンヒルは、道路がグルーピングになってます。
かなりハンドル取られるので、注意して走りましょう。
ビビりはいったらタイムロスですが、私は怖いので減速して走ってます。
まじ怖いです^^;

なお、一つの目の峠の終わりには、ランプの宿の看板
二つ目は、温度表示板があります。
見えたら後少しなので、頑張りましょう。

●ランコース
多少のアップダウンがありますが、基本的に平坦コース。
エイドは多いですが、日陰が少ない炎天下コースです。
雨が降ってくれると楽なのですが、太陽がでているときついです。
ですが、ここまでくれば後は23km完走すればゴールなので、一踏ん張りですね。

制限時間は、9時間弱あります。
決して、厳しいタイム設定ではないので、マイペースで挑めばゴールできます。
スポンサーサイト

[edit]

« 準備は重要  |  ニューヘルメット »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shonamcraft.blog17.fc2.com/tb.php/2986-5ff0c3ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア