FC2ブログ

今回の、壱岐ウルトラマラソン

第二回 壱岐ウルトラマラソン。

まずは、本日離島予定でしたが、全便船及び飛行機は欠航にて脱出できず。
明日の午後便も、出航1時間前に判断とのこと。
脱出できても、博多には夜になりそうです。

さて、第二回の大会となりましたが、去年から比べると、運営の質は大幅にパワーアップした感じです。
まずは、エイドステーションの数。
去年は、50kmまではエイドが少なく、後半は充実していたのですが、私はこれ自体は別に悪くなかったのですが、どうにもこれが不評。
で、今年は前半から短い間隔でエイドを設置しており、水分補給には困ることなし(もっとも、涼しかったのもありますが)。

内容は、基本はスポドリと水、そして一定間隔で炭酸飲料。
食べるものについては、中間地点のカレーと、後半にそうめんがあったぐらいで、それ以外は印象なし^^;
パンやシャリ玉もあったと思いましたが、口にしてないので覚えてません^^;

そして、この大会は応援が素晴らしいです。
決して、大人数での応援ではないのですが、人がいるところでは島民の方々が応援してくれて、島ならではの良い雰囲気。
1km毎に、距離表示の手書きののぼりが置いてあったりと、ランナーには嬉しい限りです。
(隠岐の島ウルトラとかに雰囲気近いですね)

コースについては、本日レンタカーで一周してみたのですが、あたらめてみるとすごい登りの数です。
平坦な箇所は殆どないんじゃないかというぐらい、最初から坂道ラッシュです。
特に、朝方は暗い中はしっていたので、勾配など気にならなかったのですが、坂道はかなり覚悟しておいたほうがいい大会です。
ただ、全般的に壱岐の主要となるポイントは回るので、景色含めてコースはいいと思います。

後、去年も暗い時間帯危ないということで、ライトを設置しているのですが、去年よりもかなり数を増やしていました。
夕方は、私は明るい時間帯にゴールできたので大丈夫でしたが、こちらも終盤数キロはしっかりとライトが設置されていました。
ちょっと残念だったのは、街灯がある明るいところにライトを設置していたりとか、歩道の段差を照らしてくれないとあまり意味ないなとは思いました^^;

壱岐ウルトラマラソンですが、かなり力が入っていることを実感できる大会です。
このまま継続すれば、他の人気大会同様に、今後盛り上がってくる可能性は非常に高い大会です。
今回も、宿は自分で確保できましたが、人気がでてくると、特に宿については確保するのが厳しくなってくるかもしれません。
興味があるなら、早めに参加しておくのをお勧めします。

レースの内容については、まだまったくまとめてないので、別の日に^^;
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント