FC2ブログ

今年も終わりました

第8回 北オホーツク100kmマラソンから帰宅しました。

気温差20度で、稚内方面の快適さといったら天国でした。
帰宅してからの、よどんだ熱風の不快さといったら・・・。

ということで、今回無事に完走してゴールドランナーとなることができました。
記録については、

13時間11分04秒

目標は、一応11時間台だったので遠く及ばない成績ですが、完走したので何も問題ありません^^


この大会ですが、参加人数こそ少ない大会ですが、数ある中で大会としては非常に素晴らしい大会といえます。
まず、環境。

景色については、サロマとかと大きくかわりませんが、気候がよろしい。
それなりに暑い年もありますが、第3回から参加していて、大半は涼しくて快適(寒い年もあり)。
人が少ないおかげで、走りやすさも抜群。
大会としては、もっと人がたくさんきてくれた方がいいと思いますが、アクセスの不便さと宿の問題。
受付が前日など、時間がないランナーには厳しい部分が多いので仕方ないかな。

で、この大会で素晴らしいと思うのは、エイドの数。
といっても、数自体は把握してませんが、一定の距離で欲しいところにエイドステーションがあるので、これが素晴らしい。
基本、スポドリと水ですが、ちゃんと要所でオレンジジュース、コーラー、食べ物などあります。
(といっても、饅頭とかフルーツとは食べられないので、中間地点のうどん以外、持参したジェルだけですが^^;)
かぶり水、氷も用意してくれているので、本当にランナーにはありがたいです。

このコースできついと思うのは、サロマ同様大半が平坦なので、小さい坂でもきつく感じます。
野辺山のような大会だと、ほぼ坂だらけなので多少の坂は走りますが、サロマや北オホーツクは辛く感じますね。
後は、風。
特に序盤については、風を遮るものがないので、延々とエサヌカ道路を強烈な向かい風で走ることになりました。
エサヌカ折り返して内陸になると、今度は風が遮られて追い風の恩恵があまり得られないという・・・、ランナー泣かせ・・・。

大きな大会ではないですが、街全体で盛り上げてくれる感じを受けて、本当にいい大会です。

難点は、やはり当日受けつなし
(今回は、飛行機欠航の関係もあって当日受け付けてくれて助かりました)
個人で、浜頓別周辺の宿はとれないので、稚内あたりに泊まることになるので、車中泊やテント泊まりにしないと約90キロの運転があってきついですね。
1便で稚内にいければ、なんとか17時頃までに稚内に戻れるので休息もとれますが、2便だと前日受付もギリギリ。
稚内泊まりだと、寝る時間も減ります。

そして、一番近い空港が稚内。
しかし、1日2便しかないので、サロマみたいに女満別、紋別の選択もできない。
紋別からの移動だと、120キロ弱あるので、さすがにきついですね。

それでも、参加できるうちは行きたいと思います。
ですが、近年100km走るのもきつくなってきたので、少し大会減らさないとだめかも^^;
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント