FC2ブログ

珠洲ウルトラ終了

第七回 能登半島すずウルトラマラソン

先ほど、無事に終わりました。
で、結果ですが

11時間29分12秒

IMG_0028.jpg

過去、珠洲のベストタイムが11時間56分でしたので、目標以上に記録を達成することができました。

ということで、忘れないうちにレースについて書きたいと思います。

まず、土曜日に無事に珠洲に到着。
13時にらぽると珠洲に到着し、受付。
14時からは、説明会にでました。
去年と違い、最初にコースの説明、そして太鼓の演奏(これが、非常に素晴らしい)。
最後に、諸注意で15時40分ぐらいに終了。

終了後は、宿泊場所の珠洲ビーチホテルにチェックイン。
明日の準備をし、19時には就寝。

なお、レース前の勝負飯は、昼飯のゴーゴーカレー(チキンカレーのエコノミー)。
ゴーゴーカレー、大好きですので^^
レース前は、私はよくカツカレーを食べます。
夜は、適当にコンビニ飯かって食べて、プロテイン摂取。

そして、今日は朝の2時45分に起床。
準備して、3時15分ぐらいにホテルをでて、らぽるとすずに駐車して、シャトルバスで会場に。

今年は、スタート場所がグラウンドではなくて、体育館の前にゲートを設置してありました。
気温は10度ぐらいで、結構寒い。
薄手のウィンドウブレーカーを着て、レースをスタートする事にしました。
レース前は、トイレを済ませて、荷物預けて、暖かい味噌汁をもらって、15分前にスタート場所に整列。
いつものごとく、ムービーの上映、開会式の挨拶等あり、レースは5時にスタート。

みなさん一気に飛び出ていきますが、先は長いのでマイペースで走ります。
なお、会場ではあまりみえなかったですが、ホテルの駐車場では、夜空は星一面で非常に綺麗でした。
昔は、地元でもよくみれたのですが、今は街明かりが多くなってしまいみれないので、あかりの少ない珠洲は星空が綺麗です。

で、話はそれましたが、スタートしてからは風は弱いですが、まだまだ寒い。
スタートしてから軍艦島(約8km地点)までは、ほとんど平坦ですが、トンネルが二箇所あり、そこは少し坂になってます。
6キロ過ぎぐらいには、左手に軍艦島が見えるようになり大分明るくなります。
軍艦島到着した頃は、夜も明けて明るい状態。
ここで、スタートで受け取ったタスキを返却。
トイレを済まし、水分補給してから、同じ道を走り市内に戻ります。
ペースは、6分弱で少し速いかな程度のペースでしたが、特に辛くはないのでこのまま走りました。

市内に戻り左折してから、少しずつ上りの区間に入ります。
21km地点の宇都山エイド にて、最初の手持ちのジェルを摂取。
なお、ジェルは基本はマグオンと、名前忘れましたがどこかのジェルと、その他諸々。

大谷峠手前で、100kと60kのコースが分かれた後に、スタート地点で話をした同じ横浜市の方と少し話をしながらのラン。
70代になっても、こうやってウルトラ走られてるのですから、すごいの一言です。

分岐してからは、徐々に登りが多くなり30km前後で一気に勾配がきつくなり、輪島市に入るところから一気に下りになります。
手前のエイドでは、オロナミンCが置いてあり、かつ冷えていたので非常に美味しかった。
ここのあたりでは、珠洲トライアスロン連続完走8回の人と少し話をしました。
私は、去年途切れてしまいましたが、こう考えると連続完走っていうのはすごいですね

山下りを終えてからは、毎年ある施設エイドでコーラをいただきます。

そして、町野エイドに到着。
ここでは、自分エイドなるものがあり、補給食を預けておけるのですが、行きはスルー
トイレと水分補給を済ませたら、舟木谷峠越えとなります。
すこし勾配がきつい感じなのですが、まだまだ元気なので走り続けます。
途中で、トップランナーとすれ違い。

峠を越えてから、43km地点の名舟エイドでは、ボンカレー登場。
一杯だけいただいて、千枚田の折り返しに向かいます。

ここから先は海岸線なのですが、千枚田手前で数キロゆるやかな登りがあります。
ただ、今日はまだまだ元気なので軽い足で登って行きます。
45km地点で折り返しとなりますが、ここでは軽く水分補給をできるのがありがたかった。
コーラー一杯いただいて、また元の道を戻ります。
たしか、45km地点で10時回っていなかったので、ペースとしては上出来。

折り返して、また名舟エイドでカレーを食べます。
そして、ゼリータイプのポカリがあったので、それを手にしながら走ります。
しっかりと冷やされていたので、ちょうど暑くなってきたので、冷たいものはありがたいものです。

途中、ポカリを補給しながら舟木谷峠を越えて、町野エイドに戻ってきて、ここで預けていた補給食を受け取り。

ここから、海岸線沿いに向けて4km弱はしると、ここから長い日本海側をずっと走るコースになります。

58km地点の曽々木エイドでは、パスタがあったので少し胃腸が悪くなってきたのですが、栄養とらないと話にならないので無理やり押し込みます。
ここで、関門時間の2時間前に到着なので、まだまだ余裕
疲れも感じるのですが、まだまだ走れそうなので、ここのコースで一番苦手な海岸線を走ります。

基本平坦といいたいのですが、結構緩い坂も多く、遠目からよく見えるのでメンタル的に辛いです。

そして、曽々木エイドから塩田村エイドまで5km程あるので、これが非常に長く感じます。
塩田村エイドでは、ジャガイモがあったので食べたのですが、やはり胃腸が弱ってきているので、無理やり押し込みますが、あまり美味しく食べれませんでした。

この後も、とにかく淡々と海岸沿いを走る。
ペースは、少し落ち気味でしたが、それでも6分20秒前後で走れていたので、上出来。
まだ、このペースでいけているので、油断はできないですが11時間台が見えてきました。
歩いてしまうと、気持ちがきれてしまうので、とにかくゆっくりでも走り続ける事を意識して走り続けました。

73km地点は、大エイドの自然休暇村エイド。
預けていた荷物を受け取り、ここではファンタグレープとオレンジがあったので、味変で両方いただき、すぐに出発。

さすがに、ここを出たあたりからきつくなってきたのと、アップダウンもきつくなってきましたが、ゆっくりでも走り続けます。

76km地点の、高屋エイドを過ぎて最初の坂を越えると、ラケット道路が登場。
過去すべてここの坂は歩きましたが、今年は全部走れそうだったので、牛歩ながらも頑張って登っていきます。
斜度も10%越えですが、意外に登れるので意地でも歩かないようにして2kmの登りを制覇。

79km地点の、椿峠エイドに到着。
ここでは、また冷たいオロナミンCが登場したので、いただきます。
胃腸は弱っていても、味が変わるので美味しくいただけます。

お礼を言ってから、峠の下りが始まり。
トライアスロンでは、登ってくる坂を一気に下ります。

峠を下り、83km地点の川浦エイド先の峠を登ると、緩やかな下りとなり次は、禄剛崎灯台に向かいます。
灯台入口の坂だけは、さすがに走ることができなくて、ここだけは歩きました。
灯台を一周し、下りはゆっくり走ってエイドに到着。

87km地点の、狼煙(のろし)エイドではビーフシチューが用意されていたので、食べられるかわからなかったのですが、椅子に座ってエイドの方と話をしながら食事。

エイドを出発したら、また峠(山伏峠)。
ここも、なかなかの斜度なのですが、意地で走ります。
ここまでくれば、残り20kmきっているので、最後まで絶対に歩かない意思を貫きます。

峠を終わり、92km地点の寺家エイド。
ここでは、名物のワンちゃんと、豚汁がありますが、さすがに今は豚汁は無理なので、ジェルだけ無理やり押し込んで、最後の山越えに入ります。

エイド過ぎて、数キロ走ると、そこそこきつい山越えになります。
今までの峠に比べたら大したことないのですが、ここにきてラスボス登場という感じで、ここがきつい。
さすがに疲れも感じますし、ペースも7分切れなくなっています。
道も、登りが終わって下りが始まったと思ったら、また登りが始まるので精神的に辛い・・・。
残り距離4km表示過ぎてからしばらく走ると、やっと峠も終わり下りとなります、
短い下りを終わり、交差点を右に曲がってエイドを過ぎれば、残り3kmきっています。

後は、残りの距離をしっかりと心に刻みながら一歩一歩進みます。
100km地点で、11時間12分ぐらい。
なんとか、30分きれるかどうかの瀬戸際。

残り1km地点過ぎしばらく走り、体育館ちょっと前の信号でひっかかります。
タイムをみると、30分切りがギリギリというところ。

ここで手を抜くと、ずっと後悔すると思いペースは落とさず走り、無事に11時間29分12秒でゴール。

ゴール直前では、名前と7回目参加のアナウンス。

ゴール後は、メダル受け取り、チップを外してもらっている最中に、完走証を持ってきてもらえてありがたかったです。
そして、7年連続ありがとうございますと言われて、ゴーゴーカレーをいただきました^^(みんなに配っているかどうかまでは知りませんが^^;)


ということで、第七回の大会は、なんとか記録更新しようと思っていましたが、無事に目標を達成することができました。
そして、スタートから最後まで、楽しい気持ちで走ることができて、応援にも手をあげる事ができました。
記録更新もそうですが、今年は最後まで手を抜かず、頑張って走る事ができて、近年では本当に走る喜びを感じながらのレースができました。

毎年そうですが、決して派手な大会でもないですし、他の大会みたいに応援も多いわけではないですが、こんな素晴らしい環境で走らさせてもらえるのは、地元の人たちの協力があっての事です。
本当に、感謝です。

また、第八回の大会も走る予定ですので、一年後が楽しみです。

今日は、もう一泊珠洲に泊まってから明日帰宅です。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント