FC2ブログ

パーツテスト

今日は休みでしたので、スピードコンセプトで120キロ弱走ってきました。
平地メインですが、要所で登り有りのコース選択。

ビッグプーリー&ROTORを入れて、何度か実走行して少しずつわかってきたこともあります。

まず、ビッグプーリーについては、多分ですが速さにはさほど影響ないと思います。
ただ、軽いギアで回す時に、間違いなく軽いペダリングになった感じが強いです。

新品のチェーンに交換したような感覚が、表現としては正しいかな?
なので、メンタル的にはこの少し軽くなった感覚がかなりいいと思います。

正直、金額程のパフォーマンスを得ているかはわかりませんが、後少しどこかでパフォーマンスアップ出来ればという人には、いいのではないでしょうか?
変速については、特に問題ありません。

ローターのチェーンリングについては、平地巡行で楽なのは、以前も言ったかな??
慣れると、真円との差も感じられないですし、100km越えになってくると脚の残り方が、かなり違う気がします。
はっきり言って、楽です。(もっとも、TTバイクでロングライド自体、ロードよりはるかに楽なんですが^^;)
ですが、疲労が溜まってくると、一瞬力が抜ける感覚が増えてきます。
多分、ペダリングの効率が悪くなっているのでは??(素人なので、予想です・・)
真円リングでは起こらなかった、ペダリングの感覚も、楕円リングだと起こります。

変速については、特に問題ないですが、登り終わった状態で遅い速度でフロントをアウターに戻そうとすると、たまに変速できません。
この症状は、自宅目の前の坂で必ず起きます。
というか、なぜかここでしか変速トラブル出てないのですが^^;
それ以外は、非常にスムーズな変速で、楕円ギアにしてもデメリットを感じません。

とりあえず、当面はこのままのセットでTTバイクは走りたいと思います。

ビッグプーリーについては、マドンにも入れてみたいですね。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント