FC2ブログ

今年も、珠洲から無事に帰宅できました

珠洲から、無事帰宅できました。

毎年の事ながら、珠洲トライアスロンは素晴らしい大会です。
運営もしっかりとしてますし、コースの良さ、参加賞も満足。

今回の大会ですが、去年からスイムコースの変更&スイムスキップ制度が導入されていましたが、去年はスイム中止だったので、今年が変更後の初の大会でした。

私も、ここまでの波は初めてというぐらい荒れており、スイムスキップ制度を使っている人が結構いました。
ただ、この状況で無理と悟って、スキップするのも一つの勇気。
私だったら、多分危ないと思っても、スイム出場している可能性大。

ですが、今回泳いでわかったのですが、海が荒れているのは、私にはあまり影響ないです(流れが早いと厳しいです)。
重要なのは、救助体制と、何よりもコースロープがしっかりと張られている事。
特にロープのおかげで、何かあっても掴めて休めるという安心感があり、最後まで落ち着いて泳げました。

バイクは、今年はエモンダで走りました。
スピードコンセプト、マドン、エモンダと3車種で走って、はっきりと違いがわかりました。

同じぐらいの走力の人と並走すると、35km/hぐらいまで来ると、マドンなどのエアロバイクと勝負すると非常に厳しい。
あと一歩のストレートの伸びが、エモンダにはないので、自分の脚力が要求されてしまいます。
(マドンやスピードコンセプトは、ここが本当に楽)

が、登りに来れば水を得た魚のように、ぐんぐんと登っていきます。
どこからでも、パワーをかけて反応してくれるバイクなので、本当に登りははやかったですね。

でも、珠洲は登りと平地どこをとるかという難しさがあり、トータルで考えると、マドンの方が適合がするかなと思います。
が、Aタイプになったら、ロードでは腰が持たないので、私はTTバイクの方がいいですね。

ちなみに、DHバーつけているのに、平地でも使ってない人が沢山見かけました。
使わないと、単なるバラストにしかならない気がするのですが・・・。


さて、来年も珠洲はBタイプにエントリーすると思います。

今年の佐渡を完走しようがしまいが、来年ももう一度佐渡は出る予定です。

来年の珠洲は、久しぶりのTTバイクでの激走予定。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント