FC2ブログ

第七回 白山白川郷ウルトラマラソン終了

第7回 白山白川郷ウルトラマラソンから、無事に帰宅しました。
台風の影響で、飛行機・列車と遅れがあり、帰宅もだいぶ遅れました。

で、先日も書きましたが、今回は特別ルールが採用されて、59.8km地点のエイドまで到達すれば、以降どこで終了しても、完走扱いとなるものでした。
フェーン現象による高温で、ランナーが無理して頑張って倒れないようにと、大会側の配慮だそうです。
賛否両論あると思いますが、私は非常に良い判断だと思いました。
60km地点では、正直少し甘いかなと思わなくもないですが、実際このぐらいの距離でも、ほぼ暑さで限界のランナーも多かったみたいなので、結果的には良かったのではないかと思います。

そして、私も今回は60kmにて終了しました。
暑さでダウンというわけでなく、まだ時間的には7時間40分以上あったので完走自体はできたと思われます。
が、佐渡トライアスロンの疲れが抜けてなく、スタートしてすぐのくだりも、まさかの6分切れず。
それと、走っていてフラフラする症状が治っておらず、当初から66km地点の獅子吼パークまで走ってDNFのつもりでした。

ですが、前日に急遽特別ルールが採用されたので、それだったら60kmでやめようかなと思いました。
正直、もう少し走っても良かったのですが、70kmまで走ると、後少しだから・・・と言って、結局最後までグダグダと走ってしまいそうだったので、当初の予定通りにきっちりと60kmでやめました。

正直、物足りなさもありますし、自分で判断してやめたのですが、それでももう少しは走っても良かったなという気持ちはあります。
ただ、一番楽しいと思う時間帯で終えたのも事実。
ここら辺の、若干のモヤモヤ感は、仕方ないですかね^^


そして、来年以降この大会に参加するかは、正直不明です。
まだ、佐渡も終わったばかりで来年は考えてません。

が、もし佐渡を出ることになって、例年通りの白川郷の開催になると、多分完走できなくはないですが、非常に辛い。
それと、この大会は以前の往復のコースと違って、楽しいのは最初のホワイトロードを登って下るまで。
以降は、本当に平坦で退屈なきついコース。
なので、正直出たくないかなというのが本音です。

それでも出ていたのは、第一回から連続で出場しているので、ここで出場やめるのもどうかなぁ・・・と言う思いがあるからです。

まだ、来年まで時間があるので、今後どうするかはゆっくり考えたいと思います。

今月は、これでレースないので、しばらくゆっくりです。


とりあえず、完走扱いでメダルもらえるので、ありがたいです^^
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント