FC2ブログ

どうやって、佐渡トライアスロンAタイプ完走したのか

佐渡トライアスロンも終わり、今年の夏もひと段落。
もっとも、残暑は厳しいですが。

で、少しずつ佐渡のネタは書いていこうと思いますが、まず佐渡トライアスロンAタイプ完走に向けて、どんなことをしていけばいいのか。

なのですが、色々な所でこう言った事は、沢山書かれていると思います。
毎月どのぐらいトレーニングすればいいのか、どのような内容なのか・・・etc。
私なんかより、豊富な経験の元に書かれた記事が多いので、そういうのはそちらを参考にしてください^^

ただ、そう言った事する事は無駄ではないですし、参考するのもいいですが、正直な事言わせてもらえば、あまり堅っ苦しい事にはとらわれる必要はないと思います。

私の場合は、概ね月間のトレーニング量だけで言えば、

スイム 15km前後
バイク 300ー900km(ただし、今年の6月から本番までは、月間300km前後しかしてません)
ラン  多くて、250km前後。

スイムが苦手なのに、正直言ってトレーニングあまりしていない。
バイクも、距離は少ないですし、特に六月のウルトラシーズンに入ってから、100kmまで距離走った回数もわずか。
ローラー台で、1時間だけのトレーニングとかも多かったです。
ランについては、レースが多いので、そこそこ一回の距離は走ってましたが、練習では10km前後がデフォルト。

実力については、
スイムは、1500mで40分前後。
バイクは、トライアスロンしかわかりませんが、ショート(40km)で概ね、34km/h AVG。
ランは、フルでは3時間18分でてるので、こちらについては、そこそこ悪くないかな程度です。

バイクは機材でタイムを買っている状態、ランはいいシューズに巡り合ったおかげで、大幅にスピードが上がりました。
スイムは、相変わらずダメ。

この程度です。

ただ、もしロングを完走したいなら、個々の競技で、スイムは4kmは泳げる、バイクは150km以上経験済み。
フルマラソンは、完走経験あり。
やはり、このぐらいの実力は必要かなと思ってます。

個々の競技のタイムを合計して、ロングのタイムを算出。

あとは、それを持続できるように日頃から、そこそこトレーニング積んで体力つけておけばいいのではと。

時々みかける、ネットなどでのロングの練習方法とか見ると、どのサイトによるかですが、私なんかではとても、時間も作れなければ、きつくてそんな練習無理ってのが多いです^^;
ブリッグトレーニングが重要とかも見ましたが、そんな練習、ほぼ皆無です。
きつくて、私はほとんどやったことありません。
トレーニングメニュー見ただけで、挫折しますよ^^;

タイムを狙っている人はともかく、完走だけ狙うなら、何度かトライアスロンの経験をすれば、徐々に自分の実力もわかってきます。

後は、ロングに挑戦する勇気と、何が何でも完走するんだというモチベーションさえ維持できれば大丈夫でしょう。
競技時間が長くなればなるほど、実力も重要ですが、完走の要素としてメンタルの重要性が確実に増えてきます。

最後は、レース本番の天気が味方してくれるのを祈るのみ。
こればかりは、自分の実力ではどうにもなりません^^

ともあれ、少しでもやってみたいと思ったら、誰でも完走できるチャンスはあります。
が、決して楽ではありませんので、そこだけは覚悟を^^
正直、完走はできましたが、本当にきつかったです^^;

それと、佐渡トライアスロンを完走したければ、佐渡ロングライド210や佐渡OWSには参加するといいかもしれません。
ロングライド210は、ほぼトライアスロンのコース走れますし、OWSも佐和田の海を泳げるので、事前にいい経験になると思います。
下調べができると、本番に向けて自信つけるのにいいかも。
(完走できないと、自信喪失するかも^^;)



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント