FC2ブログ

佐渡トライアスロンに参加するために

佐渡トライアスロンですが、しばらくの間参加したいと思っている人たちに、参考になるかどうかわかりませんが、情報を記載したいと思います。

まず、トライアスロン参加にあたって、どうやって現地に移動するのか。
そして、大量の荷物をどうするかが、非常にポイントだと思います。

佐渡ケ島ですが、基本的な移動手段としては、フェリー&ジェット船、そして飛行機が殆どでしょう。
(プライベートジェットとか、リッチーな人は知りません^^;)
自家用車で向かう人は、直江津か新潟港からフェリーで移動になります。

今回、私は自家用車で移動しました。
神奈川からなので、荷物の配送、電車で移動、フェリーで移動・・・色々考えても、車に全ての荷物を載せて移動した方が楽ですし、コスト的にも大差ありません。
特に、移動から大会終了、帰宅まで、全て車に荷物を乗せて行動できるのが、非常大きいです。
現地レンタカーも考えましたが、かなりコストが高くつくのでやめました。

それが無理な人は、荷物などは事前配送、終了後配送になると思います。
特に、バイク郵送については、大会側でも準備してくれていますので、活用するといいとおもます。

現地の行動についても、アストロマンバスというのが活用できます。
基本的な移動は、全て対応できるので、車で移動できない人も問題ありません。

そして、問題となる宿について。
こちらも、大会側にて対応してくれますが、若干高くつきます。
場合によっては、個室が手配できない場合もあると思います。

なので、参加を決めたら(抽選確定前でも)、早めに宿だけ手配するのをお勧めします。
確実に確保できますし、出遅れても、しつこく宿を調べていれば、空きができると思います。
ただ、100%保証できませんので、面倒なら公式のツアーの手配で。
安くしたいなら、自分で全てやるのが一番でしょう。

移動についても、アストロマンバスが、大半の宿対応してますので、心配ないと思います。

一つ注意なのが、この大会は、大会終了後、翌日までバイク委託が出来ません。
なので、レース終了後は、荷物そしてバイクを回収する必要があります。
アストロマンバスは使ってないのでわかりませんが、自走で帰るか、バスに荷物を積み込んで帰ることになります。
これが辛い人は、やはり車が一番楽かもしれません。
スタート会場近くに、選手駐車場があります。

次回は、レースの準備やトランジションエリアの話など、書きたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント