FC2ブログ

スタートラインには

第八回 能登半島すずウルトラマラソン

結果ですが、
DNS
でした。

昨日まで、体調は何も問題なかったのですが、今朝起きたら頭痛がひどい。
これだけなら、バファリンとか飲めばなんとかなるのですが、パンを1つ食べた時点で、気分が悪く食事を受け付けない。
そして、バファリンも用意していない。

とにかく、駐車場まで向かったのですが、気分悪くて運転するのもきつい。
なんとか駐車場に到着するも、気分悪くてぐったり。
結局、スタート地点に行くことができず、4時間駐車場でぐったりしてました。

そして、ここからが大変でした。
運転があまりにも辛く、少し運転しては休むの繰り返し。

見附島で一休みした時は、気分悪すぎてリバース。
少し血まで吐いてしまう状態でした。

ここから、休憩所あれば30分ぐらい休んで、また動いての繰り返しで、4時間かけて七尾に到着。
ここで、バファリンを購入し、なんとか頭痛は軽くなりました。

薬の効果は絶大で、効き始めてからは多少痛みはあっても、普通に活動できるようになりました。

最初から服用すればよかったかもと思われるかもしれませんが、胃腸が最悪だったので、どちらにしても完走は無理でしたでしょうし、無理に走っても楽しくないので、これでよかったと思います。

原因は、予想ですが民宿で食べた食事だと思います。
まずかったとか当たったとかではなくて(食事自体は、おいしかった)、普段食べてないようなものがたくさん出てきて、食事が合わなかったのが一番の要因だと思われます。

実は、同じようなことが過去に何度もあり、基本的にはレース前はいつもと同じような食事をとるのですが、今回は記憶にないのですが、何故か食事付きで宿を取ってました。
食べ慣れないものを、レース前に食べると大体失敗します。

ともあれ、15時過ぎには体調も戻ってきて、精神と体のバランスが取れないので、砺波運動公園に車を置いて、インターバルトレーニングを少ししてきました。

今回DNSとなってしまいましたが、特に後悔はありません。
というより、そんなこと考えられる余裕がないほど、体調悪かったです。
夕方近くになって、回復しただけありがたいです。

健康な体があれば、何度でもチャレンジできるので、この反省を生かして、来年チャレンジしたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント