FC2ブログ

NT1テスト

本日は、先週土曜日仕事だったので
代休とったので、NKに。

客もほとんどいなく、オフロードコースは京商の
人たちが貸切状態で撮影してました。
(新型マシン?? オフはわからない)


さて、今日は先日購入したNT1の一体型エンジンマウントの
テストがメイン。

カーボンプレートを装着しない状態で、4点固定からテスト。
この状態だと、若干剛性があがったのを感じます。

次に、エンジンマウントすべてを螺子で固定。
あまり違いがわからず。

その次は、リアバルク側のみカーボンプレートを装着。
この状態では、リアの動きがシャープになるのを実感。
ただし、動きがはやくなりグリップを失いやすい。

すべてカーボンプレートで補強すると、さらにリアの動きが
シャープに。
曲がらないというよりも、特に高速コーナーの出口でリアの
動きが一気にブレイクするので、曲がるのは曲がるのだけど、
挙動が難しい。

そこで、下側のマウント固定の螺子を4箇所に変更。
いやはや、変わらないとおもったけどかわるものですねぇ。

動きもマイルドになり、フィールとしては上出来。

このパーツ、4mmシャシーみたいに全体的に剛性感が
あがるのではなく、私の感覚としてはリアの動きにかなり
変化がでます。
剛性があがるという感覚より、動きがシャープになる感じ。
(あがっているから、そうなるって??)
ただ、4mmシャシーみたいにあきらに剛性があがるといった
感覚は、私は感じなかったです。

それと、アクティブの軽量ヒートシンクを試してみました。
ノーマルを使用直後、すぐに交換し走行。
違いなんてわからないとおもったけど、特にS字コーナーなどで
車体の動きがシャープになった感じ。

今回は、とにかく違いを感じる為に、セットを変更したら
できるかぎり同じ条件で走れるように、すぐに走行。
(タイヤの外径も、極力同じに設定)

別ボディで同じようなテストしたけど、基本的にはボディ変えても
おなじ感覚。

結果として、まあ必要ないとはおもうけど、あったら
セットが色々できて楽しむことができるパーツでございます。

ボディは、アテンザSRとナックB4XRでテスト。
やはり、私にはSRの方があいます・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

どもっす!MTX、手放されるんですか?見覚えのあるボディが出品されていたのでw。

ちょうど無限に戻ろうかと思っていたので、今日の自分の出品物がいい値段付いたら是非入札させて頂きますね!!

トラックバック

グリップがいいと思う

細身で軽くバックラインもある。スライサーにはお勧めのグリップです。やはり、このサンドコードは滑らないので最高です。梅雨時は有利です。スウィングのタイミングの早い人には良いと思います。・“MTBルック車”の真実【詳細編】&新型クロスバイクが来た・NT1テスト・ケ