FC2ブログ

ボス走行

休みのために、本日は1DAY BOSS。

今日は、先週リア周りはBAホィールの37に、
-0.75mmオフセットのハブで走行したので、
これを、BBホィールの37 or 40 & -7.5mmの
ハブに変更。(簡単に言えば、ロングサスアーム化)
(フロントは、BB)

まずは、先日のカワハラカップ2耐の40タイヤがあまっていたので、
これで早速走行。

ボディは、いつもの如くダッジ3.1でリアウィンドウは全開。

本日の路面は、正直食わない。
SPEC2エンジンで走行したところ、タイムは18秒2ぐらいが一杯。
フロントタイヤを、37に変更してもほとんど変わらず。

私の基本バネのセットは、前後ナックパープルでフロントの食いつきガ悪い
時は、前にサーパントホワイトを使うのだけど、これで若干曲がるけど
いまいち。

ここで、ロングサスアーム化がリアのグリップを上げていると判断し、
+7.5mmのハブに変更。
リアのトレッドは、いつもの199.8mmにセット。

いやぁ、効果あるものですね~。
これで、コーナー進入でもリアが食いつきすぎずフロントが入っていく。
やっと、これで18秒000までタイムアップ。(ビンゴタイム)

どうも、ロングサスアーム化よりもショートの方がいいみたい。
ちゅーことで、調子にのってフロントを、今度はロングアーム化。(同様の手法)
いやぁ~、さらによく曲がる曲がる、ちゅーことで17秒98までUP。

次は、ボディですがリアのウィンドウを全開にしたものから、5cm穴に
したものに変更。
これは、前テストしていたのでわかっていたのだけど、全開にしてしまうと、
リアのグリップがかなり上がって曲がらなくなるので、開口部を従来どおりの
物にして、さらにタイムもアップ。(確か、この時点で17秒8ぐらい)

ちなみに、本日はマシンの状態もいまいちで、スパーも2枚もなめたので、
エンジンをPLUS2にのせかえ(後で、SPEC2のベアリング破損確認)。
エンジンのせかえただけでは、タイムも17秒には届かず。

が、先日のベストラップ更新したときのセットに戻し、前37、リア40硬度に
変更したところ、本日の一番のベストの17秒59。


後は、何してもタイムは更新できず。
ただし、前後37タイヤのときに、AVGが17秒にはいっていたので、安定志向では
前後37。
タイム出したいときは、後ろだけは40にしたほうが多少グリップが不安定になるけど、
向きが変わるのでタイムがでるかな。

次回は、リアをBホィールにしてさらにショート化予定。


ここまで色々セットしていると、どのときに何をしたらいいのか
わからなくなりそうだけど、現実はそうでもないですね。

タイヤの硬度が決まったときに、バネの硬さを変更すると手持ちのバネでは
変化が多すぎて、ピンポイントにはまらず。
キャンバー変化量も、最終的な調整のために前後に多少変化させるように
余裕持たせたいので、ここも普段はいじらず。

トーも、減らしていけば曲がるのだけど、リアのトーを2度以下にすると、
タイヤの減り方に応じて、リアのグリップも不安定になっていくので、
2度から減らすことはほとんど無し。

最終的に、細かい煮詰めのときに、セットする箇所は決まってきます。
が、最近はダンパーの取り付け位置が決め手になることが多いです。

初期を曲げたい場合は、フロントを一段起こすか、リアを一段寝かす。
もっとも、私の場合はほとんど全寝かしですが・・・。


本日の悪い路面の中でも、ベストには及ばずともタイムが少しずつ
でてきているので、次回は17秒2や1ぐらいまでいきたいですね~。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント