FC2ブログ

スパーギアお亡くなり

スパーなめなめびょう。

昨日の走行は、いきなりの挙動不審でコースアウト数回。
原因は、アッカーマンのところのステアリングの螺子が外れかかっていて、最終的には外れました。
装着したら、動きは元通り。

その後は、4周程度でスパーギア舐め。
クラッチベルのガタが多かったので、一回交換。
今度は、2周でスパーギア舐め。

おかしいということで、バルクをみたらベアリングをはめる部分のガタがかなり広がっていて2スピードシャフトが動いてしまいスパーが舐めているのが判明。
バルクを交換後、直りました。

が、夕方に一度スパーギアを舐めたのですがこちらは原因不明。

最終的に、5枚ほど1速ギアが亡くなりました・・・・。

スパーギアは、バックラッシュが合わないと結構舐めてしまうことが多いですが、2スピードシャフト、ベルハウジング、バルクヘッド、そういったところにも原因があるので、連続で舐めてしまう場合は、走る前にすぐチェックしてみましょう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント