FC2ブログ

セッティング

先週、速い人と一緒に走る機会があったおかげで、大分走り方が研究できました。

まず、速い人との決定的な違いは、コーナーの繋ぎで失速をしない。
コーナーの進入速度そのものは高くないのですが、クリッピングポイントに向けてノーズが向くのが非常に速いこと。

進入が遅い分、フロントグリップが残っているのですぐに向きがかわる。
失速しないので、コーナーリングの速度も高く、立ち上がりに向けて加速が速いのでここで微妙なタイム差がでる。
コーナー一つでの差は、コンマ01とかこの世界だと思います。が、一周すればタイム差がコンマ数秒。

現在の私の走り方は、基本はインベタライン。
アクセルは殆ど握らないですが、ひたすら小回りをすることにより最短距離を走る。
縁石ぎりぎりで走るので、若干リスクはなくはありませんが、アクセルは入れない分、縁石にのってもマシンがあまり飛んでいくことがありません。

エンジンは、最近になってチューニングエンジンを使う機会が増えましたが、これは速さには絶対的に貢献しているともいえなくて、一番のデメリットは回転落ちしたときにトルク不足により、どうしても加速が鈍くなります。
これを嫌って、クラッチシューかなり削ってます。
これにより、摩擦面積が減ってクラッチにパワーが食われることがかなり減りますが、一気にアクセル入れるとこんどはクラッチが滑ります。
なので、アクセルは一気に握ることはなくて、少しずつ握ってスピードを上げていきます。
デメリットあるのにチューニングを使うのは、やはりパワーそのものはあるのでストレートで抜かれることが少なくなるから、精神的な余裕ができます。

次の課題としてるのは、失速を防ぐ為にさらに現在のステアリング切る量を半分ぐらいに減らすこと。
但し、プロポで絶対的な操舵量を減らしてしまっては、ステアリングを切る角度は変わらずなので、あまりメリットが感じられないので、若干オーバーなセットに変更。
昨日の走行でこれを試したのですが、最初は曲がりすぎで扱いづらかったのですが、何度か走るとすぐに慣れてきてタイムも安定します。


私の目指すセットは、ステアリング修正をせずに、アクセルワークでコーナーをまげていけるセット。
とにかく、イージードライブができる事。


但し、現時点ではこんな感じですが、色々はセット・色々な走り方を研究して、常に変わっていくと思います。
が、その中で速く走る為に引き出しを増やして、これをどうやってうまく組みあわせていけるかが、上達する道だと思ってます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント