FC2ブログ

リアロアアーム組み付け

します。

一度、サスピンを通して動きがスムーズならリーマーを通す必要はありませんが、微妙に動きが悪かったので、究極兵器HUDYのストレートリーマーを通します。
一度に何度も通すよりも、何回かやってサスピンを通してガタがなく、動きがスムーズなところでやめておきます。

81021-1.jpg

なお、ダンパー固定のイモネジの部分は、フロント同様に瞬間接着剤を流してから螺子を締めます。

81021-2.jpg

最後に、バックプレートを固定しますがとにかくプラが固いので、無理に締めるとバルクがゆがみます。
なので、何度かタッピングビスを通して無理に締めなくても螺子が締めこめるようにします。

螺子を締めた時に、サスアームが左右均一にスムーズに動けば完成。

動かない場合は、サスピンの部分がまだ渋い、バルクの螺子をまっすぐ締めてないのでゆがんでいる、バックプレートの螺子を締めた時に無理に締めると、サスの動きに影響している場合がありますので、何度か螺子を緩める、締めるを繰り返してみましょう。

81021-3.jpg

XRAYといえども、量販品ですのでプラパーツの誤差でまれに品質が悪いということもありえるとおもいます。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント