FC2ブログ

フロント組み込み

今回は、フロントを組み込みます。

まずは、フロントミドルマウント部分。
Ronyのアルミマウントを使います。
精度は、はっきりいって純正のプラの方がいい感じがしますが、ここは見た目です。
見た目で、私はアルミにしました。

81029-1.jpg

まずは、シャシーに固定します。

81029-2.jpg

次に、ミドルシャフトのシャシー内側にEリングを装着します。

81029-3.jpg

ミドルマウントにベアリングを装着したら、ミドルシャフトをマウントに通します。
このときに、ベルトと19Tプーリーも一緒に通すのを忘れないでください。

81029-5.jpg

次に、19Tプーリーを固定するピンを挿入します。
後は、反対側からEリングを固定します。

81029-6.jpg

反対側は、25T(26Tでもかまいませんが、基本は25Tをお勧めします)を組み込みます。

81029-7.jpg

25Tを組み込んだ時に、左右に動かしガタがある場合は、シムを入れてガタが出ないように調整してください。
私は、0.2mmほどシムを挿入してガタをとりました。

81029-8.jpg

次に、フロントデフを装着します。
組み方は、リアデフと特に変わりませんので、この部分は飛ばします。
なお、オイルは30万番を使ってます。

81029-9.jpg

なお、次にフロントバルクの上側を組みますが、今回ボディマウントが京商なので干渉するため少し削ります。
純正の場合は、加工不要です。

81029-10.jpg

この部分が、干渉します。

81029-11.jpg

さらに、私は駆動を軽くするためにフロントベルトテンショナーを使ってません、
なので、写真の部分はカットしてしまいます。
すると、下の写真の位置までテンショナーを倒せるのでこれだけでもかなり駆動が軽くなります。
ただ、人によって考え方があるので、基本的にはセッティングシートどおりでいいと思います。

81029-12.jpg

後は、バルクを組んでショックタワーを組めば完了です。

81029-13.jpg

81029-14.jpg

81029-15.jpg

なお、バルクを組んだ後にアッパーデッキを載せてみてください。
そのまま載ればOKです。
少し、押し込まないと入らない場合は、フロントバルクを組み込んだ時に少し歪みができているので、螺子を締めたり緩めたりして調整してみてください。

次回は、フロントを完成です。

明日、あさってはお休みするので日曜以降にアップします。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント