FC2ブログ

ケイチューン初走行

本日、K-tuneにいってまいりました。

といっても、私はカワハラ2H耐久で走ったことはありますが、少し走って終わりでしたので、実質的には今回が初走行。
KTさんも初走行。

朝、6時30分にS木さんが私の家に迎えにきていただき、3人で乗り合わせてアクアラインを通りケイチューンに。

途中、PAでお食事。
マックで、マフィンを食べたのですが・・・甘かった・・・・。
フィレオフィッシュにすればよかった・・・。

81213-1.jpg

ケイチューンは、近くにきたときの道がわかりにくいですね。

81213-2.jpg

細かい道を通り、現地に到着。

81213-3.jpg

81213-4.jpg

こちらは、下から撮影した写真。
操縦台からは、こちら。

81213-6.jpg

81213-7.jpg

81213-8.jpg

ストレートエンドから、右に曲がるところは一瞬アクセルを抜いたら全開。
エンジンが、ぶっ壊れるんじゃないかというぐらい回るので、よくブローさせる人がいますが納得です。
最初は、かなりエンジン回すのためらいました。

81213-9.jpg

操縦台下がこちら。

ピットはこちら。

81213-5.jpg

ボディは、S木さんの2009年サンプル版。

81213-10.jpg

81213-11.jpg


で、肝心の走行ですが、とにかく広くて感覚をつかむのが難しい。
最初は、22秒台の走行でしたが、少しずつ微調整し、2セット目のタイヤが終了する最後のタンクで、20秒2のベストがでて、AVGも2~3前後で安定。
この時点で、やっとS木さんと同じぐらいのタイム。(この時点で、S木さんは20秒フラットぐらいまででてました)。

この後、リアのBBホィールがなくなってしまい、Bホィールを分けてもらい走行したのですが・・・。
ここからは、完全に失敗。
20秒台で安定ていたタイムが、一気に21秒台にまでダウン。

ベストも、たまに20秒6ぐらいでればよいほう。
S木さんは、相変わらず20秒2前後で走行する驚異的なタイム。

私は最後まで持ち直すことができず、ホィールの違いでここまで変わるものかと痛感。

原因は、BBからBホィールにするのに、ロングサスアームからショート化する必要があったので、かなりセットが変わってしまい、私の腕がついていかなった所です。


でも昼間は何度か走っているS木さんと一時的にコンマ2秒差まできたので、OKかな?

KTさんも、かなり途中苦労してましたが、最終的には目標の21秒台。

久しぶりのベストラップ集。

81213-12.jpg

20秒フラットは、さすがに無理です。

それでも、セットが安定してきた2セット目のタイヤの時はかなりよい感じではしれたので、次回タイヤの準備等をしっかりとしてくれば、いけそうですね。

コースの印象は、2耐の時と同じく、右セクションはさして面白く無いです。
が、中間から左セクションはテクニカルなので結構面白かったです。

コースそのものの楽しさは、私はBOSSが好きですが、ケイチューンならではのアクセルワークも感じられたので、今後は色々なコースを走って、コースにあわせたアクセルワークやセットをできるようになれば、BOSSでのタイムアップにもつながりそうですね。

今回は、前後デフでの走行。
1Wayでも、ケイチューンは一箇所もブレーキを使うところがないので試してみたのですが、やはり安定感が少し悪く、デフで走行しました。
(S木さん、KTさんはブレーキを使うそうです)

最後は、海ほたるで佐世保バーガーを食べて帰宅。
サイズが大きくてびっくりしました。

来年からは、何度かケイチューンを走ってから、また色々なところにもいってみるよてい。

とりあえずは、来週末はBOSSですが^^
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント