FC2ブログ

せってぃぐ

さて、先日dakaku氏にもいわれたのが、
「なんでRRRの事blogに書かないの? 何隠しちゃってるの?(笑)」
実は知らないだろうと思っていたら、シェイクダウンのときにあっという間に情報筒抜けだったそうな(笑)

ちゅーことで、チャンプで安売りしているのみたらついつい買っちゃったのが本音です。
では、MTX4Rはやめるのですか?? といわれたら、やめません。

今までのRCは、新しいマシンを手にしたら昔のをやめるという感じでしたが旧型にでもならないかぎり、継続してやっていくつもりです。
(回数は確実に減るでしょうが)


で、RRR Evo2の率直な意見ですが。

非常に良くできています。
初期モデルの頃やっていた時に比べると、精度も大分よくなってますし質が大分向上しています。
フロントバルク周辺が、非常に渋くここだけで組みつけに2時間ぐらい苦戦させられましたが、他には特に問題なし。
ガタも非常に少なくなりましたし、前は数回走行するとアライメントが取れなくなりましたが、現行モデルはそんなことは今のところありません。

マシンの特性は、非常に良く曲がります。
RRR>NT1>MTX4Rの順に曲がる感じで、とにかく初期反応がすさまじくシャープです。

なんで、路面が悪いときは問題がないのですが、少しでもグリップが向上すると私では巻いてしまって走れません。
なので、ひたすらアンダーステアにするセッティング。

先日の3回目の走行で、やっと基本セットができあがりました。

タイムとしては、明らかにMTX4Rよりもコンマ3秒は確実に上がってます。
どちらが良いとか悪いとかという話ではなくて、初期反応重視の私のスタイルでは明らかにRRRの方が合うということでしょう。
NT1との比較でいえば、安定して走ることを考えれば確実にNT1のほうがいいですね。

自分の中では、NT1もRRRも性能的には大差ないと思ってます。

もうしばらくは煮詰めの作業ですが、曲がらないマシンを曲げるのは大変ですが、曲がるものを曲がらないようにするのは比較的楽なのでまだまだ走りはよくなりそうです。


明日は、午前中はPMT.
午後は、京商タイヤのテスト。

マシンセットは下記の通り

○前後デフ仕様
前10万番、 リア8万番(京商オイル)

○ダンパー
前後純正 スプリング フロント サーパントイエロー(取り付け位置一番下)
           リア   ナックイエロー(取り付け位置したから2段目)
               (ただし、リアショックタワーはEVO2以前のパーツを使用)
オイル 前500、リア550(京商オイル)

○アーム取り付け位置
フロントアッパーアーム 上から2段目
リアロアアーム 上から2段目
リアアッパーロッド 上段の一番内側

○キャスター
全寝かせ

○アッカーマン
10番

○トレッド
フロント198 、 リア199

○ギア比
1st 16T、59T 2nd 22T、55T
(1速ピニオンギアのみスチール)

○リバウンドストローク
フロント-2(0G)、リア4.5mm(1G)

○フロントアップライト
キングピンアングル2度

○アライメント
フロントー トーアウト2、キャンバー2度
リア トーイン3、キャンバー4度

○タイヤ
前後PMT 35,37

○スタビ
フロント水平
リア ピアノ線純正

○ボディ
ダッジ3.1
リアウィングは、JMRCAにあわせてカットしてます。
取り付け位置は一番後ろ。
ボディ取り付け位置は、標準。

○エンジン
OS SPEED 12XZ
プラグPF6(かな??)
完全にノーマルで使用です。
BOSSなら、ノーマルでも十分すぎっしょ

○マフラー
OSマフラー
だけど、ノバと違いがあまりわかりませんでした。
OSマフラーの方が、高回転が良く回りすぎて少し甘めのニードルになりました)

○クラッチ
シリオパワークラッチ
スプリングのみ無限スーパーハード
締め込み量不明(見てません^^;)
エンジンが良い音だして回るところが目安。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント