FC2ブログ

最終走行

4タンク目の走行となります。
なお、最後は時間帯が16時を越えてますので参考タイムです。
この時間帯からは、時によっては数分でタイムがコンマ1秒変わりますので、後に走ったほうが圧倒的に有利です。


テスト順は毎回記載します。

○ZAC
F=35、R=37
F=1、R=37
F=2、R=37
F=3、R=37
○アクティブ
F=SP、R=37

路面は、35走行前に一時的に本降り(といってもそんなにすごくありませんが)
F=3とSPの頃にDry。


タイヤの減り方ですが

ZACタイヤは走行後(すべて同じ量減ってます)、
F=57mm 、 R=56mm
アクティブは、
F=59mm 、 R=60mm
タイヤ径は、前後共に一番大きかったほうのみの測定です。

総評として、ZAC F=3、R=37が一番良好。



○フィーリング評価
3>SP>1>35>2 (一番良かったのが左側、悪かったのが右側)



***************
○ZAC F=35、R=37
Best 18’139 、 17LAP5’12”891

9718-35-4.jpg

残念ながら、小雨になったあとの強行での走行です。
なので、タイムはでてません。
そのため、評価は難しいところですが、バランス的には標準的というべきでしょう。
可もなく負荷もなく、扱いやすいです。


○ZAC F=1、R=37
Best 18’026 、 17LAP5’11.031

9718-sm1-4.jpg

後半に小雨がやみました。
タイヤのフィーリングは、F=35と殆どかわりません。
先ほどと違い、オーバーステアは消えて普通のタイヤといったところです。
ただ、扱いやすいためにタイムは安定してます。


○ZAC F=2、R=37
Best 17.893 、 17LAP5’10.065

9718-sm2-4.jpg

路面が少しずつ回復しようとしているさなか、小雨です。
が、それでも路面が上がっているのか、タイムは先ほどより1秒UPです。
フィーリングは、前回同様アンダーステアです。
が、おかげで安定してますので安定してタイムを刻めます。


○ZAC F=3、R=37
Best 17.851 、 17LAP5’07”344

9718-sm3-4.jpg

もう、このタイヤについては何も言うことないぐらいです。
最後まで良く曲がる上に、安定感も悪くないです。
さすがに、7秒台まで路面があがってきているので、少しオーバーステアがでてきますが、それでも安定感が悪くありません。
常に、マシンの動きがよくつかめます。


○アクティブ F=SP、R=37
Best 17.834 、 17LAP5’08.248

9718-sp-4.jpg

もっとも良い路面でのアタックになりました。
が、7LAP目で痛恨のミスで空を一回飛んでます。

これが、ZAC F=3との違いです。

SPは曲がることは間違いないのですが、ドライバーにそのフィーリングが伝わってきません。
タイムとしては安定して出ているように見えますが、F=3と比較すると、ドライバーの仕事量がかなり多いので疲れます。

一番良い路面で、唯一このタイヤだけミスが多いのでこれだけがSPタイヤの課題かなと思います。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント