FC2ブログ

G4組み立て

気合入れて組み立てました。

が、正直今はRCよりも別のことに集中してます・・・。

それも、モンスターハンター3 Try。
めちゃおもろいです。


とりあえず、G4RSですが組み立てた結果、精度は特に問題なしです。
受信機の取り付けとバッテリー搭載がかなり厳しいです。
バッテリーは、俵を使ったのですがそのままでは入らなくて少し加工してます。


9802-batt.jpg

容量が800ですが、400しか入らないんですけど・・・。


9802-tank.jpg

こちらは燃料タンク。
燃料入れにくそうな気がしますが・・・、どうなんでしょ。

9802-1.jpg

アッカーマンは、4段階で前後調整タイプですね。

9802-3.jpg

すごいサスアームですね。
なお、マフラーステーの取り回しはなかなかもってよいです。
他社も、このぐらい余裕ほしいかな。

9802-4.jpg

純正はプラですが、RRR用がそのままつきます。
6.2mm幅です。

9802-5.jpg

リア周りです。

9802-7.jpg

2速シューですが、ピンで固定するタイプですね。

9802-8.jpg

ギアですが、他社の流用は無理でしょう。
ベアリングサイズも違います。

9802-11.jpg

デフは、結構大きいです。
フロントデフは、Kfactoryの購入したのですが、全モデルの物で物自体が違うので入りませんでした。
一応、OPTパーツででてるみたいです。

9802-2.jpg

標準はスプールになります。
早くデフにしたいですね、
スプールは難しいので。

9802-12.jpg

ブレーキですが、下のベアリングが標準はなんとメタルです。
他にもベアリングではなく、メタルを使っている箇所があるので、ベアリング支持にしたほうがいいです。
動きが違います。

9802-10.jpg

唯一組んでパーツがはまりにくかったのが、サイドのアルミパーツ。
少し削って、少しはまりやすいように加工しました。
このパーツを無理やりつけると、シャシーがゆがみます。

9802-13.jpg

デフを外した状態です(リア)

9802-14.jpg

メカデッキ裏。
配線そのものはむずかしくないのですが、受信機BOXの中が大変です。
熱大丈夫なんでしょうか?
4PKだと、夏場は確実に熱でノーコンでそうですが・・・。

9802-15.jpg

無理やりつけた電池です。
純正指定のバッテリーだと、100%フィットするだろうのでそちらがいいでしょうね。
容量も1100かな。

9802-17.jpg

マフラーは、チャージの新しいマフラーです。
先日、とあるアクシデントでマフラーがお亡くなりになったので、どうせなのでということで新しいマフラー導入です。

9802-19.jpg

思ったよりシャシーはスリムですが、R40のシャシーに似てますね。

9802-20.jpg

わかりにくいですが、リアのスタビの高さ調整はアームしたからねじを回して調整します。
調整しやすいかなと思います。
733も、同じ構造です。

9802-21.jpg

全重量なんと、1689g。
ダンパーオイルはまだいれてませんが、30g以上はどこかにウェイトつむ必要あるでしょう。

9802-22.jpg

はてさて、走りがいいかどうかはまったくわかりません。
全般的に、精度は問題なし。
マシンは、半組み立て状態で梱包されてるのですが、すでにプラパーツのネジが舐めてしまっている箇所がありました。
軽量化は不要なので、チタンビスとかは不要でしょう。

THサーボのアームの動きが渋いので、純正のプラからここもベアリング化したほうがいいと思います。

なお、733と同様にこちらのマシンもホィールベースが調整できます。
これは、RRRやXRAYとかも採用したほうがいいと思います。

半組み立てに関しては、正直バラす必要があるので、やはりすべてユーザーが1から組んだほうがいいかなと思います。

重心でいえば、アッパーデッキの高さは733とほぼ同じです。
NT1が、一番低いです。
デフの搭載位置に関しては、正直733やNT1みたいに限界まで下に下げられてるという事はありません。

ともあれ、来週の走行で走るのでどんな感じかですね。
一ついえるのは、軽さにかんしてはかなりの武器だと思います。
30gを好きなところにウェイトいれて調整できますからね。

でも、バンパーぐらいにしか置けないですが・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント